28日ドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」第7話を視聴した。

今回はレゴリスの社長を解任された蓮介はあっさり解任を受け入れた。

それを受け入れられない真絵美は新社長となった風見の元を去る。

一方蓮介が去ったレゴリスは風見の元で

ライバル会社のマストポールと提携するのだった。

社長を降りた蓮介は自分探しの旅に出ていた。

そんな中真絵美は蓮介を探して

かつての母校に行きそこで蓮介を見つけて

あの頃の蓮介の姿を思い出しながら

蓮介に近づくシーンがメインだった。
ストーリー

自社モデルとのスキャンダル、製品の事故…。

そして、上海工場の不当労働までもが表面化することで

『レゴリス』社長、葉月蓮介は窮地に立たされる。

しかも、側近の蔡風見はライバル会社『マストポール』の社長、

大貫照源と裏で手を結び、『レゴリス』幹部も味方につけ、

蓮介を失脚させようとしていたのだ。

蓮介が風見の思惑に気づいた時は、手遅れだった。

風見は手はずどおり、定例会議で蓮介の解任動議を提案。

反対する幹部はなく、新社長に風見が推挙される。

抵抗するかに思われた蓮介だが、取締役会に諮られるまでもなく、

あっさりと社長の座を退き、

心配する二宮真絵美に礼を述べて会社から去って行った。

社長就任挨拶で、風見は『マストポール』との提携を発表。

パーティーの席で、真絵美はリュウ・シュウメイの

居場所を風見に問うのだが、知らないと答える風見。

また、真絵美は自分に接近したのも、

蓮介を陥れるためかと問い詰める。

すると、風見はそれを否定し

『レゴリス』に残って欲しいと真絵美に頼んだ。

社長を解任されて以来、蓮介の行方は分からなくなる。

シュウメイも姿を見せない。

父、照源の汚い手口でいなくなってしまったと、柚月はある行動に出る。

そして、真絵美も蓮介の行方を求めて…。

以上フジテレビ月の恋人〜Moon Lovers〜HPより


今回は蓮介が社長を解任された。

確かに今まで突き進んだ事によるものが大きいけれど、

その影には風間だけでなくシュウメイの陰謀も見え隠れしていた。

そんな中蓮介は今まで歩んだ道を思い出しながら

レゴリスを支えた人たちと会っていた。

確かに今まで立ち止まる事がなかった蓮介にとっては

自分を見つめなおすのに良い機会だったかもしれない。

それでも自分の生き方を変えられない

蓮介はさらに自分探しの旅をしていた。

蓮介の行方を追っていた真絵美は風間の引き留めを断り、

蓮介の行きそうな所へ向かった。

そこは蓮介と真絵美が過ごした大学だった。

そこで蓮介と真絵美はレゴリスを立ち上げる前の

蓮介の事を振り返りながら一夜を共に過ごしたのだった。

幼馴染の2人にはそれが近過ぎて

今まで恋に至らなかったのは解らないでもない。

2人の関係は恋人以上であるが、夫婦以下の関係ではある。

だから本当にお互いが思っている事を言えない関係が続いてきた。

それでも互いに助け支え合ってきた。

それを2人は確りわかっているのだろうけれどね。

次回はレゴリスを乗っ取った風間に蓮介は

最後にみせる本当の姿とは?

そして恋の行方は?

最後の展開に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

LOVE RAIN~恋の雨~LOVE RAIN~恋の雨~
アーティスト:久保田利伸
販売元:SE
発売日:2010-06-16
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


月の恋人―Moon Lovers月の恋人―Moon Lovers
著者:道尾 秀介
販売元:新潮社
発売日:2010-05
おすすめ度:4.0
クチコミを見る