9日セパ交流戦オリックス対巨人戦が京セラドームで行われ、

2対9で巨人が亀井選手の2本のホームランなどで圧勝し

交流戦優勝に望みをつないだ。

試合はオリックス先発金子千投手、

巨人先発ファン・ツーロンの投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで2点を先制すると、

2回には7番亀井選手のホームラン、

3番小笠原選手、4番ラミレスのタイムリーで3点を追加する。

しかしオリックスも4回に6番北川選手のタイムリー、

7番日高捕手の内野ゴロの間に2点を返した。

しかし巨人はその後中継ぎ陣が踏ん張り、

8回に2番由伸選手の2点タイムリー、

9回に5番阿部捕手、7番亀井選手のホームランで試合を決めた。

投げては2番手以降投手陣が踏ん張り

巨人は交流戦優勝に望みを繋いだ。

これで巨人は残り3試合で交流戦優勝を目指して戦う。
久しぶりに打線が繋がった感じだけれど、

千葉に大敗してから打線の流れが悪かっただけに

残り3試合となった交流戦で望みを繋ぐ事ができた。

特に不振を極めていた亀井選手が復活のキッカケに

なるかもしれない2本のホームランは大きかったし、

由伸選手の2番もある程度機能し始めている。

でも本当は由伸選手が2番を打つようでは

いけない訳で由伸選手が6番以降打てる状態にしたいところだ。

投手陣では育成枠から支配下登録された

ファン・ツーロンが初先発したけれど、

育成枠だった選手を先発させなければならないほど

投手陣が深刻という印象を与えてしまったのは

正直良くないのではと感じる。

とはいえ残り3試合となった交流戦で

全勝すれば優勝の可能性があるだけに

トーナメントの気持ちで戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。