22日Jリーグナビスコカップ第3節が行われ、

アルビレックス新潟はアウエー駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で

FC東京と対戦し、

0対1で終了直前でMF大竹にゴールを決められ、

1勝1敗1分勝ち点4得失点差0グループリーグ4位に

後退し予選突破は混戦模様となった。

試合は前半から代表で4人を欠くFC東京に対して攻め込むが

ゴールを割る事ができない。

こう着状態のまま前半を折り返した。

後半になると次第にホーム東京が押し始めるが、

新潟も堅い守備でゴールを割らさない。

このまま終了間際となったロスタイムに東京は

MF大竹にゴールを決められ新潟は直前で勝ち点1を逃した。

これでアルビレックス新潟は勝ち点4の4位に後退し

予選リーグ突破へホーム連勝が絶対条件となった。
勢いという点と戦力的にという点で考えれば代表DF3人、

MF石川、出場停止者1名の主力5人を欠く東京に対して、

矢野と酒井がいない新潟では新潟優位と思われた。

しかしFW大島がスタメン復帰した途端再びゴールが遠のく

という悪循環に戻ってしまった。

大島のポストプレーは悪いとは言わないんだけれど、

今の新潟のシステムでは大島の運動量では戦力ダウンになってしまう。

矢野の1トップの時は矢野の献身的な動きで他の選手が活きたけれど、

大島がスタメンだった時はカウンターが掛からないし、

前線でプレッシャーが掛からないという攻撃力が半減した。

当然大島の運動量が少ないためにシュートシーンまで

持っていくシーンも自然と少なくなる。

今の新潟が機能するためには運動量のある選手でなければ

機能しないだけにここはサブながら結果を出している

ファグネルの1トップの方がよほど相手に脅威だったはずだ。

大島をスタメンから外してようやく機能したシステムが

大島が復帰した途端勝てなかった第6節前に逆戻りしてしまうようでは

原因ははっきりしていると言わざる得ないだろう。

現状では大島はビハインドのパワープレー要員しか

使いどころがないのが実情だ。

大島を使わなければならないほど今の新潟は前線に

人がいない訳じゃないのでファグネル、河原、田中を有効に起用してほしい。

次節ホームで京都と対戦するけれど、

ここで勝利しなければ予選リーグ突破は厳しくなるので

何としても勝ち点3が必要だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。