19日セパ交流戦北海道日本ハム対巨人戦が札幌ドームで行われ、

3対1で北海道が4番二岡選手の2ランの前に沈み

札幌で痛恨の2連敗を屈し交流戦3勝3敗となり交流戦優勝へ苦しくなった。

試合は北海道先発増井投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

両チーム無得点で迎えた6回巨人は1番坂本選手のホームランで先制するが、

その裏北海道は3番稲葉選手のタイムリーで同点に追いつくと、

4番二岡選手の2ランで逆転に成功する。

その後巨人は反撃するも2番手林投手に抑え込まれるなど

チャンスを活かせずそのまま北海道が逃げ切った。

これで巨人は交流戦2連敗となり交流戦優勝へ苦しい状況となった。
元巨人の選手たちにやられた試合となってしまった。

それ以上に4回まで毎回走者を出しながら活かせない

打線の拙い攻撃がこの試合最大の敗因でもあるけれど、

このところ2試合打線が沈黙してしまったのは

球場の広さにあると言ってしまうとそれまでだが、

広い球場ほど相手投手は大胆に投げる事ができるのも

強力打線の巨人としては狭い球場の多い

セントラルリーグと違う部分ではある。

それ以上に守備の崩壊も痛い。

坂本選手はこの時点でもう2桁のエラーを

記録しているだけに打撃だけでなく

守備でも確りしてほしいというのもある。

とはいえ巨人に在籍した選手にものの見事に

やられてしまった試合となってしまっただけに

次の対戦では確りお返ししたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。