18日セパ交流戦北海道日本ハム対巨人戦が札幌ドームで行われ、

7対1で北海道が2度の集中打で大量得点を上げて勝利し

巨人は3連勝でストップした。

試合は北海道先発ケッペル、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、

3回に巨人が3番小笠原選手のタイムリーで1点を先制するが、

その裏北海道が4番二岡選手、5番高橋選手、

6番糸井選手の連続タイムリーで4点を奪って逆転し、

6回にも9番金子選手、2番森本選手のタイムリーで3点を追加した。

巨人は4回以降チャンスらしいチャンスを作る事ができず

巨人は連勝が3でストップした。

これで巨人は交流戦3勝2敗となり交流戦優勝へ連敗は許されない。
広い札幌ドームでの試合はやはりホームの北海道が

球場に合わせた野球で圧勝した。

この球場は簡単にはホームランが出ないので大胆に攻める事ができる。

それ以上に繋ぎの意識が大切になるので

東京ドームのような空中戦で勝負すると

今日の試合のように沈黙してしまうケースがある。

それ以上に気になったのは故障後の内海投手の投球に

精彩がないのが気がかりだ。

脇腹を痛めた事で体を十分に使えない事が精彩を欠いている。

復調までもう少し時間がかかるかもしれない。

とにかく2連戦なので連敗を許されないだけに

次の試合は確り取りたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。