16日セパ交流戦巨人対千葉ロッテ戦が東京ドームで行われ、

10対8で巨人が1番坂本選手の3試合連続、

4番ラミレスのホームランなどで壮絶な空中戦を

制して交流戦3連勝とした。

試合は巨人先発西村投手、千葉ロッテ先発大嶺投手の投げ合いで始まり、

初回に5番阿部捕手の3ランで先制するが、

千葉も2回に7番今江選手のタイムリー3回に

4番金泰均の2ランで同点に追いつく。

しかし巨人も3回に3番小笠原選手のホームランで勝ち越すと、

5回に4番ラミレスの2ラン、6番由伸選手の2ランでリードを広げ、

6回に1番坂本選手の2ランでリードをさらに広げた。

しかし9回に千葉は1番西岡選手の2ラン、

4番金泰均の2ランで2点差まで迫ったが

最後は抑えのクルーンが抑え巨人が逃げ切り交流戦3連勝とした。

これで巨人はパリーグ1,2位との対戦を3勝1敗とし

幸先の良いスタートを切った。
壮絶な空中戦だったこの試合だけれど、

やはり試合中盤で確り主導権を握った事で

最後の猛攻を凌げたのが大きい試合だった。

クリーンナップ揃い踏みに坂本選手、

由伸選手のホームランで負ける訳にはいかないだけにとにかく

この試合を確りものにできたのは大きい。

敷いて注文をつけるとすれば6点差もありながら

クルーンを投入しなければならなかった事だろう。

6点リードした時はクルーンを休まさないといけない。

でもこれで3勝1敗と貯金2を確保した。

これからビジターでの戦いになるけれど、

DH制を有効に使って戦いたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。