12日セパ交流戦巨人対埼玉西武戦が東京ドームで行われ、

1対3で埼玉西武が岸投手の好投の前に

巨人打線が抑え込まれ交流戦初戦は黒星スタートとなった。

試合は巨人先発ゴンザレス、埼玉西武先発岸投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が7番李のタイムリーで先制するが、

埼玉西武は4回に3番中島選手の犠牲フライで同点に追いつくと、

5回に5番ブラウンのホームランで勝ち越しに成功する。

埼玉西武は7回には3番中島選手のホームランで追加点を上げた。

巨人は埼玉西武先発岸投手の前に4回以降1人も

走者を出せずそのまま完投勝利を許し

交流戦初戦は黒星スタートとなった。

これで巨人交流戦初戦はパリーグ首位の埼玉西武に分配が上がった。

今年で6年目となった交流戦だけれど、

リーグ戦と違い指名打者の有無で野球の展開が左右される。

それ以上にパリーグ投手陣との対決も

みどころの1つでもあり、

今回はここまで埼玉西武の岸投手から

1度も勝利していない巨人がどこまで打ち込めるのかが

ポイントになったけれど、

今回もまた4回以降完全に抑え込まれ勝利するチャンスは殆どなかった。

1点先制した得点をそのまま守るのはかなり厳しい訳で、

この試合は完全に岸投手の好投に脱帽するしかなかった。

今年こそ交流戦セントラルリーグ優勝に向けて連敗は許されない。

2戦目は必ず取りたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。