12日ドラマ「Mother」第5話を視聴した。

今回は葉菜が奈緒の実の母親という事を気づき拒絶するようになる。

一方継美は学校へ通えるようになったが、

駿輔に付きまとわれるようになり

奈緒もどうしたら良いのかわからなくなっていく。

お金を要求されている事を知った葉菜は

17年貯め続けた貯金を奈緒に渡すが、

奈緒は拒否しゴミ捨て場に捨てた。

しかしそれを駿輔に拾われ、それを取り返そうとするが、

そこで駿輔からかつて自分が取材した子供が

虐待で死んだ過去を話、

自分ができなかった事を奈緒がやっている。

その先がみたいという事を告げたのだった。

お金を返しに向かった奈緒はお金を返すが、

そこに籐子が現れ葉菜に母親を名乗る資格はないと告げるのだった。

そして籐子は奈緒に小さい時の話を

聞かせて呼んでもらった出来事を話して

奈緒は籐子を本当の母親として受け止めるのだった。

しかしその矢先に継美は電話先で実の母仁美の声を聞

いてしまうシーンがメインだった。
ストーリー

奈緒はひょんなことから葉菜が自分を捨てた実の母親だったことに気づき、

怒りから葉菜を拒絶する。

そのころ、奈緒と継美の真相に気づいた雑誌記者・駿輔は

「黙っている代わりに、お金を用意しろ」 と奈緒を脅迫し、

付きまとうようになる。

追い詰められた奈緒は、金融業者に借金しに行くが融資を断られる。

一方、継美は奈緒がお金に困っている様子を感じ取り、

こっそり葉菜のところに相談に行く。

あくる日奈緒の前に現れた葉菜は、

自分の通帳と印鑑を奈緒に渡そうとする。

「あなたとはもう関係ない」と奈緒が拒むと、

葉菜は奈緒の目の前で通帳をゴミ箱に捨てて立ち去った。

二人のやり取りを見ていた駿輔は、捨てられた葉菜の通帳を持ち去る。

奈緒はその通帳を取り返そうとするが…。

同じころ、北海道で怜南(=継美)の葬儀を終えた

母親の仁美は、

虐待の事実がばれることを恐れ、

奈緒に探りを入れるべく行動を起こし始めていた――。

以上日テレMotherHPより


今回は実の母親と知ってしまった奈緒だったが、

それだからこそ葉菜を拒絶する。

まあ確かに色々な経緯を考えるとわからないではないけれど、

葉菜にも手放さなければならなかった原因が

この先でわかるのかもしれない。

しかし奈緒にはもう1つの悩みがあった。

それが雑誌記者駿輔の存在だった。

駿輔につけられ継美を守ろうとする奈緒だったが、

自らの立場が悪い事もあり要求されたお金を何とかしようとするが、

事実を話す事ができず、

消費者金融にも行くが融資を受ける事ができなかった。

弱者の立場としてこういう脅迫には

どうする事もできないものではある。

それを知った葉菜は奈緒に通帳を手渡すが、

奈緒は他人のお金は受け取れないと突き返すが、

葉菜はゴミ捨て場に捨てて立ち去る。

それを拾った駿輔は奈緒をホテルに誘い、

そのお金で手を打とうとするが、

そのお金は17年間貯め込んだ

お金という事を知り奈緒は取り戻そうとするが、

逆に脅迫される。

しかしそんな中で駿輔はある過去を話し始めた。

それは自ら取材した虐待されている少年の取材だったが、

駿輔はその少年を救う事ができなかった。

この話を聞いた時駿輔もただ脅していた訳じゃないようだ。

おそらくこの先この記事を書く為に追い続けるのかもしれない。

そしてお金を返そうとした奈緒だったが、

そこに籐子が現れ、葉菜に母親を名乗る資格はないと告げたのだった。

その後奈緒と籐子の2人は居酒屋で奈緒の小さい時の事を話し、

怪我をした籐子に絆創膏を買ってきてくれた思い出を語ったのだった。

そしてようやく落ち着きを取り戻そうとした時

継美は電話を取ってしまいその電話の主は

実の母親仁美だったのだった。

この展開は相当修羅場があるように思えてくるだけに気になるところだ。

次回はそんな中で迎える訳だけれど、

果たして実の母親仁美はどういう行動に出るのか?

そして奈緒は継美を守る事ができるのか?

その展開に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。