23日巨人対広島戦が東京ドームで行われ、

10対4で巨人が1番坂本選手のダメ押し3ランなどで圧勝し

週間勝ち越しとなる3連勝とした。

試合は巨人先発東野投手、広島先発スタルツの投げ合いで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの2ランで2点を先制するが、

広島は3回に1番東出選手のホームラン、

4回には9番スタルツのタイムリーで同点に追いつかれる。

しかし巨人は6回に6番長野選手、

7番由伸選手の連続タイムリーで3点を勝ち越すが、

広島も8回に代打嶋選手の2ランで1点差に迫ったが、

その裏巨人は2死満塁から代打脇谷選手の2点タイムリー、

1番坂本選手の3ランで試合を決めた。

投げては先発東野投手が6回2失点に抑え4連勝とし、

抑えのクルーンが復帰登板した。

これで巨人は週間勝ち越しを決めて

3連勝とし24日の追悼試合に臨む。
終わってみれば圧勝した試合だけれど、

8回途中までどうなるかわからない展開だっただけに

最後はリリーフ陣の差が出た形となった。

内海投手が登録抹消となった中で先発した

東野投手が4連勝で日本人先発右腕の主軸になろうとしている。

このように結果を出し続ければ原監督の信頼も高くなるし、

チームも東野投手が投げた試合では勝てるという意識にも繋がる。

そして坂本選手が早くも5号と1番として

出塁するだけでなくチャンスでも確り走者を返す

勝負強さもさらにレベルアップしてきた。

ホームランしたボールは簡単なボールじゃなかっただけに

坂本選手の打撃の進化を感じさせた打撃だった。

このペースでホームランを打っていけば30本以上も狙えるし、

3割だけでなく、30盗塁以上となれば

トリプル3も夢じゃない。

ただ1番として四死球が少ないのが気になるところだが、

これだけ打っていけば相手投手も次第に

坂本選手を警戒するようになり自然と四死球が増えるだろう。

24日は木村コーチの追悼試合となるけれど、

確り勝利して木村コーチの勝利を捧げよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。