20日巨人対横浜戦が京セラドームで行われ、

2対1で巨人が接戦を制して勝利した。

試合は巨人先発藤井投手、横浜先発ランドルフの投げ合いで始まり、

初回に横浜が4番村田選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、

その裏巨人は4番ラミレスのタイムリーで同点に追いつく。

その後両投手とも踏ん張り迎えた8回巨人は

2死満塁のチャンスに途中出場の李が四球を選んで勝ち越した。

最後は抑えの越智投手が上がり、

1死2塁のピンチをレフト谷選手の好守で進塁を許さず抑えた。

これで巨人は6連戦初戦を制して幸先の良い1週間がスタートした。
打線がランドルフに抑え込まれたものの、

この試合は何と言っても先発藤井投手の好投と松本選手、

控え選手の活躍が光った試合だ。

投手では先発藤井投手が四球こそ多かったものの、

後続に反撃させず7回1失点に抑えた。

中盤で打ちこまれているケースが多かっただけに

次もこういう投球をすれば勝ち星はついてくるだろう。

そして打線が抑え込まれる中で松本選手が

猛打賞ともう今季6度目という事で好調を維持している。

開幕投手は長野選手との兼ね合いで外れたこともあったが、

これだけ打ち続けたら外す理由はもうどこにもない。

むしろ松本選手がいるから打線の起爆剤になるというムードすらある。

そして脇役に回っている李と谷選手がこの試合勝利に貢献した。

李は本来の実力を発揮すれば代打の切り札ではない選手だけに

本当は打ちたかったのだろうが、確り四球を選んだ。

そして谷選手は代打で途中守備という方になったが、

難しいフライを見事にキャッチして越智投手を助けた。

このプレーが1番大きいプレーだった。

これで幸先の良い1週間が始まったけれど、

先週負け越した分を今週は大きく取り戻したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。