18日東京ヤクルト対巨人戦が松山坊ちゃんスタジアムで行われ、

3対1で東京ヤクルトが村中投手の好投で

巨人打線をキリキリ舞いにさせて勝利し、

巨人は週間負け越しとなった。

試合は東京ヤクルト先発村中投手、

巨人先発西村健投手の投げ合いで始まり、

巨人は6回まで村中投手に抑え込まれ無安打に抑えられる。

東京ヤクルトは6回に5番宮本選手のタイムリー、

6番デントナの犠牲フライで2点を先制するが、

巨人は8回に1番坂本選手のタイムリーで1点差としたが、

その裏東京ヤクルトが4番ガイエルのタイムリーで引き離し、

最後は抑えの林昌勇に抑えられ巨人は週間負け越しとなった。

これで巨人は再び村中投手にやられ苦手意識ができようとしている。
またも村中投手にやられた。

4試合先発で2試合負け投手となっているけれど、

この試合で勝利し巨人だけで2勝を上げた。

しかも7回まで毎回の12三振を屈して

尽くチャンスを作る事ができなかった。

西村投手が好投しただけに気の毒な結果となったが、

それ以上に心配なのは中継ぎに再び回った

山口投手が不調という事だ。

この試合の敗戦よりも山口投手の不調が気がかりだ。

確かに1週間前に先発をやっていた訳だから

先発と中継ぎでは全然調整方法が違うし、投球配分も違う。

チーム事情はあるにしろ1週間もたたずにリリーフで起用するのは

やはりリスクが高いし、昨年までセットアッパーだった

としても先発と中継ぎの急遽の配置転換には戸惑ったはずだ。

今月は当面勝ちパターンでの起用はせず楽な場面があったら

調整登板という形を取った方がよいかもしれない。

という事で週間負け越しと山口投手の調子は気がかりなものの、

中日が勝ちきれない試合が続いたために首位は確保した。

来週は6試合遠征はあるもののホームで戦う。

広島戦では木村コーチの追悼試合となるだけに

確り週間勝ち越しをして追悼試合に勝利を捧げたいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。