14日巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、

2対3で阪神がブラゼルの2点タイムリーで勝利し

巨人は中継ぎに回した山口投手の誤算で

開幕カード以来の負け越しとなった。

試合は巨人先発ゴンザレス、阪神先発久保投手の投げ合いで始まり、

初回に阪神が2番関本選手のホームランで1点を先制する。

巨人は5回に7番亀井選手の犠牲フライで同点に追いついたが、

8回に2番手山口投手が捕まり、

7番ブラゼルの2点タイムリーでリードを許したしまった。

しかし巨人もその裏9番に入った

李のホームランで1点差に迫ったが、

最後は抑えの藤川投手に抑えられ

巨人は開幕カード以来の負け越しとなった。

これで巨人は2試合連続阪神強力打線の餌食となり

3連敗は阻止したいところだ。
2試合連続8回に逆転を許す展開・・・

原監督1次政権の時によく阪神戦で

魔の8回と言われたシーズンがあったけれど、

今の投手陣を考えると8回に崩れるのは珍しい事だ。

ただ中継ぎに回った山口投手が中継ぎでは今季初登板だった事もあるし、

先発から4日間しか経過しておらず少し疲れが

のこっていたかもしれない。

とは言っても前日他の投手陣が打ち込まれてしまっているので

越智投手を早い段階で使えなかったのもある意味痛かった。

打線も3,4番がそれぞれ併殺打でチャンスを潰してしまった

シーンがありチャンスを活かせなかったのも

この試合の敗因だろう。

唯一の収穫はゴンザレスに復調の兆しが見えた事だ。

今シーズン1番の投球で7回1失点に抑えた。

この調子で復調してくれればこの試合の負けは

それほど痛いものじゃない。

とは言っても同一カード3連敗は阻止しておきたいところなので

内海投手の奮闘に期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。