9日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

4対7で中日が小刻みに得点を重ねて巨人を振り切り

直接対決で巨人は初戦を落とした。

試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発吉見投手の投げ合いで始まり、

2回に中日が6番井端選手のタイムリー7番野本選手、

8番谷繁捕手の犠牲フライで3点を先制する。

5回にも中日は4番ブランコの2点タイムリーでリードを広げたが、

その裏巨人は1番坂本選手のタイムリーで1点を返すと、

3番小笠原選手の3ランで1点差としたが、

中日は7回4番ブランコのタイムリー、

9回には3番森野選手のホームランでリードを広げ、

最後は抑えの岩瀬投手に抑えられ巨人は初戦を落とした。

これで巨人はゴンザレスの誤算で敗戦し、

今年も最大のライバルとして立ちはだかる事を認識した。
昨年活躍したゴンザレスの調子が上がらず、

この試合でも完全に攻略されてしまった。

昨年までのコントロールもなく、

スピードもない中では抑えるのは難しい。

もう少し様子を観るけれど、

このままの状態なら少し考えなければならないかもしれない。

そしてこの試合で1番のターニングポイントとなったのが5回の守備、

1死2塁で3番森野選手の場面でライトへのヒットで

ライトの長野選手が山なりのバックホームの返球をして

ピンチを拡大させた。

この場面は1つに2塁走者をホームに返さないと

同時に打者を2塁に進塁させないという場面だ。

それにも関らず自分の見せ場と勘違いした

長野選手が個人プレーに走り、

打者走者森野選手を2塁に進塁させてしまった。

これが低いボールだったら1,3塁となり

4番ブランコの打球は併殺打となっていた可能性が高い。

これで長野選手は制裁交代させられたのは当然だろう。

外野手とはいえ場面に応じた送球をしなければ

チームの敗戦を招く事をこの試合で良くわかったはずだ。

とはいえこういうミスを逃さない中日の野球は

今年も手ごわい事を感じさせる戦いだった。

これで2カード連続初戦を落としたが、

2戦目を取れば週間5割をキープできるので2戦目は絶対取ろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。