4日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

3対10で巨人がルーキー長野選手のプロ初ホームランなどで

圧勝し4連勝として週間5勝1敗と大きく勝ち越した。

試合は広島先発小松投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が2番梵選手の2点タイムリーで先制するが、

巨人も4回に3番小笠原選手の2ランで同点に追いつくと、

6番エドガーのタイムリー2ベースで勝ち越し、

8番長野選手のプロ初2ランでリードを広げた。

5回にも3番小笠原選手のタイムリー、

6回に7番阿部捕手のホームラン、

7回に4番ラミレスのタイムリーなどでリードを広げた

巨人が広島に圧勝して3タテで4連勝とし貯金を3確保した。

これで巨人は4連勝とし、木村コーチの快方を祈りながら戦っていく。
チームは木村コーチのアクシデントで始まった広島戦だけれど、

正直この3連戦本当は試合をする心境じゃなかった3連戦だった。

試合前直前にアクシデントだっただけになおさらだ。

でも原監督がチームを1つにした事で

木村コーチの回復を祈って勝ち続けることを

誓ったチームは本来の力を発揮し始めた。

クルーンの戦線離脱も痛いけれど、

今は全員が1つになって勝とうという想いが

強い事が現れた広島3連戦だった。

そしてこの3連戦では坂本選手が大当たりと

松本選手との1,2番が好調になったことで打線の破壊力が増した。

好調な選手がいれば不調な選手にいる訳で、

不調な選手は控え選手がカバーする

という競争がチーム力を上げている。

亀井選手が不調なら谷選手、長野選手がカバーし、

由伸選手が不調なら李が入るという他のチームでは

考えられないターンオーバーを展開している。

不動な選手もいるけれど、

その選手たちが好調であればある程度打線を組み替えても

十分すぎるほど機能する打線だ。

これだけ援護があれば先発東野投手も

楽に投げられるだけに今季初勝利を手にするまで

時間が掛からなかった。

今季は2桁勝利が求められているだけに

確り勝ち星を重ねてほしい。

いよいよ次週から阪神と中日の6連戦が始まる。

優勝争い最大のライバル相手に確り勝ち越せるのか?

そこに注目したい6連戦になりそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。