3日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

5対6で巨人が接戦を制して広島戦週間勝ち越しを決めた。

試合は広島先発ジオ、巨人先発山口投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスのタイムリーで先制すると、

5番に入った由伸選手の押し出しで2点を先制したが、

その裏広島も4番栗原選手のタイムリーで1点を返す。

巨人は2回に1番坂本選手のホームランでリードを広げたが、

広島は4回に7番広瀬選手の内野ゴロ、

8番石原捕手の2ランで逆転に成功する。

しかし巨人は7回に3番小笠原選手のタイムリーで追いつくと、

9回に相手のミスの間に2点を勝ち越して

9回にクルーンを投入したが抑えられず6番手小林投手が登板し、

何とか逃げ切った。

これで巨人は週間勝ち越しを決めて一気に貯金を確保を目指す。
昨日の木村コーチの重傷の件でナインは

試合どころじゃなかったけれど、

原監督の一言で今は木村コーチのために勝ち続けよう

という合言葉がナインに浸透した。

初先発の山口投手だったけれど、

中継ぎと先発の違いに戸惑っている感じだし、

やはり100%で投げる中継ぎと抜き差しを

求められる先発では投球のパターンを違ってくる。

内容的にも良くなく、先発よりも中継ぎの方が

山口投手には向いているのだと思う。

良ければ先発というのでなく、

適正に応じてというスタンスをこれから求めないといけないだろう。

打線は坂本選手が打ちだした事で得点力も上がってきた。

出塁率が上がってくればこの打線を止めるのは難しいだけに

1番坂本選手の好調をこのまま維持してほしいところだ。

これで貯金を確保したけれど、

広島戦3タテで貯金を伸ばしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。