30日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

4対3で巨人が2番松本選手の猛打賞と

1番坂本選手の決勝犠牲フライで勝ち越して逃げ切った。

試合は横浜先発清水投手、巨人先発藤井投手の投げ合いで始まり、

3回までそれぞれ走者を背負うもピンチを防ぎ

無得点で迎えた4回巨人は7番阿部捕手のホームランで先制する。

このまま試合がこう着した7回に横浜は

無死1,2塁から7番カスティーヨの3ランで逆転を許した。

しかし巨人も8回に1,2番の連打で

無死2,3塁から3番小笠原選手の内野ゴロ、

4番ラミレスの犠牲フライで同点に追いつくと、

9回に1死満塁から1番坂本選手の犠牲フライで勝ち越し、

9回は抑えのクルーンを送るが、

2死1,3塁まで迫るも最後は1番内川選手を

内野ゴロに抑え巨人は6連戦初戦を制した。

これで巨人は連敗を2で止めて5割に戻した。
昨年まで投手総合コーチを務めていた尾花新監督との

公式戦初対戦という事でやはり巨人の全てを

知り尽くされている監督と対戦すると嫌なものがある。

巨人は以前FAの補償で阿部捕手の怪我で

マスクを多くかぶっていた小田捕手を中日に獲られて

次のシーズンで痛い目にあっただけに、

投手陣の全てを知り尽くしている尾花監督は

巨人にとっては脅威そのものだ。

そして横浜は千葉ロッテのエース格だった

清水投手を先発させたけれど、

やはり千葉のエースとして2桁勝利を

何度も上げただけあって手ごわい投手だった。

8回で3点に抑えられてけれど、

坂本選手と松本選手が出塁しなければ

この試合は完全に勝機が無かった試合だった。

その意味では坂本選手が確り1番の役割を果たし、

松本選手が繋ぎ、そして出塁した事でわずかなチャンスを

3,4番で返す事ができた。

坂本選手も東京との3連戦で2ホームランしたものの

1番の役割を果たせなかった事を自覚したいたはずだし、

それが2度のヒットに繋げた。

ここでもっとボールを観るシーンが増えると

より1番として相手も嫌がれる選手になるだけに

まず1番の役割を確り徹してほしい。

そして好調の松本選手だけれど、

松本選手が好調だと坂本選手の繋ぎだけでなく、

塁上でも相手にプレッシャーを与えられるだけに

小笠原選手、ラミレスがボールを絞り易くなる。

これだけ好調なら外す理由はないので

原監督は確り外さず使ってほしいところだ。

そしてこの試合初先発となった藤井投手は

尚成投手の穴埋めという形になるけれど、

元々実績のある投手だし、

7回を3失点以内で抑えてくれれば

これから勝利数も増えてくるだろう。

藤井投手が計算できる事で先発4枠は

ほぼ固まっただけに5枠目と6枠目の投手が

出てくると巨人は相当楽になる。

クルーンは少しピンチを招いたけれど、

投球的には昨シーズンより安定しているので

下手にフォークを使わずカットボールとストレートで

組み立ててほしいところだ。

これで6連戦の初戦を制したけれど、

カード別勝ち越しを毎週目標にしていけば

4月が終わった時には必ず首位にいるはずなので

1つ1つ重ねてほしいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。