4日ドラマ「不毛地帯」第18話を視聴した。

今回はサルベスタン鉱区を落札してから3年以上の月日が流れていた。

壹岐はその間に副社長に昇格し、

兵頭はエネルギー部門の担当常務に昇格していた。

しかし掘っても一向に石油が出てこない。

既に4号井までで50億の予算が消えていた。

もうすぐ石油埋蔵エリア寸前で暴噴を起こす寸前だと

いう事の報告を受けて4号井も断念した。

そこで5号井を掘ろうとするが、大門社長がこれを拒否し、

資金捻出が課題となる。

一時日本石油公社も東京商事も手を引くと言い出すが、

壹岐はニューヨーク時代の隠し資金を田淵総理に献金し

そしてイラン国王を動かして再び支援を受ける。

しかしその頃大門社長が綿花相場で大損している事が

密かに壹岐に伝わっていた。

そして壹岐は5号井の掘削作業を始めるが、

大門社長は再び里井に近畿商事に戻ってきてほしい

という事を打診していたが、

里井は壹岐を追い出す事を提示していた。

そして壹岐に悪い知らせが届くシーンがメインだった。
ストーリー

石油開発に乗り出した近畿商事は、

アメリカの独立系石油開発会社オリオン・オイル社と

組んでイランのサルベスタン鉱区を落札した。

日本石油公社の支援を得た近畿商事は、

東京商事からも5%の出資を受け、石油の掘削工事を開始した。

落札から3年8ヵ月後、副社長となった壹岐正は、

アメリカ近畿商事時代の部下・塙四郎を呼び寄せて秘書にする。

人事、総務、業務、海外事業の四部門を掌握した壹岐は、

事実上、近畿商事の経営全般を指揮する権限を有するようになっていた。

一方、石油部長だった兵頭信一良は、

石油、ガスなどを統括するエネルギー部門の担当常務に昇進していた。

サルベスタンではすでに3本の井戸を掘っていたが、

石油は一滴も出なかった。

現在、四号井(よんごうせい)の掘削を進めているものの、

これまでに合計50億円もの掘削費が泡と消えていた。

その矢先、四号井が深さ4750フィートで逸泥を起こし、

いつ暴噴するかわからない危険な状態に陥っているとの連絡が入る。

逸泥とは、坑井内の循環泥水が地層中の空洞や亀裂、

浸透性の高い地層などによって失われる現象をいい、

坑壁の崩壊や 掘管の噴出といった重大なトラブルを引き起こす。

ただちに現地に向かった兵頭は、

石油があると思われる深度5000〜8000フィートまで

掘り進める方法を模索した。

だが、これ以上掘るのは不可能だという現場責任者の判断から、

兵頭も四号井の廃坑を決断するしかなかった。

四号井の廃坑を受け、

日本石油公社は近畿商事に対する支援の打ち切りを決定する。

壹岐は、四号井で良好な貯留層の存在が認められたことから、

社長の大門一三に五号井の掘削を願い出た。

しかし大門は、公社が手を引いた以上資金繰りができないとして、

サルベスタンから撤退すると言い出す。

サルベスタンの開発を諦めきれなかった壹岐は、

中東の石油事情に詳しい国際ロビイストの竹中莞爾を訪ねた。

竹中は、内閣総理大臣の田淵とじっこんの間柄だった。

そこで、竹中から田淵に、

イラン国王がサルベスタンの開発続行を

強く望んでいることを伝えてもらい、

政府から日本石油公社に支援再開を指示させようという目論見だった。

そんな折、常務会に向かおうとしていた壹岐は、

業務本部長の角田保に呼び止められ、

大門が綿花相場でかなりの額の損失を出している

という話を聞かされる。

以上フジテレビ不毛地帯HPより


今回はいよいよサルベスタン鉱区の開発が始まったものの、

3年以上の月日を経ても石油は出てこなかった。

そして期待された4号井も石油エリア寸前で断念しなければならなかった。

そして日本石油公社と東京商事が支援を打ち切る事が決まり、

壹岐は資金捻出を模索していたが、

その頃大門社長は綿花相場で30億近い大損を出していた。

壹岐の未知の開発に対して長年の経験の綿花に

執着する大門社長だけれど、

壹岐の存在がそれだけ大きく感じたからこそ

自らも成功しておきたいという気持ちがここに出てきたのだろう。

ただ大門社長はのちのちは壹岐が近畿商事に

もたらす大きな成功を見込んで将来は自らの椅子も

どこかに感じていたのだろうが、

その想像以上に壹岐の存在は大き過ぎたのかもしれない。

そして壹岐も日本石油公社の支援を捻出するために

田淵総理にイラン国王からの協力に応じるという名目を求めた。

その見返りに裏献金・・・

まあこの頃にはよくあった話だし別に驚きませんけれど、

どの時代にも裏金は存在する訳で、

そういう裏金の使い道次第では利益ももたらすが、不正ももたらす。

今回の使い方は不正と捉えてしまえばそれまでだが、

国益のためと考えれば不正とはならないのかもしれない。

ただ何を持って不正とするか・・・

そして支援を得た壹岐は再び石油開発を再開するが、

今度は大門社長が里井と会談し

再び近畿商事に戻ってきてほしいと依頼する。

里井の条件は言うまでもなく壹岐の追放だった。

水と油の関係は結局和解する事無く睨みあうしかないのだろう。

そして壹岐にさらなる悪い知らせが届くのだった。

次回は壹岐も大門社長も窮地に陥る。

不毛地帯を歩んだ先に見る結末とは・・・

その結末を確り見届けたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)
著者:山崎 豊子
販売元:新潮社
発売日:2009-03
おすすめ度:3.5
クチコミを見る



不毛地帯公式ガイドブック下巻 (MOOK21)不毛地帯公式ガイドブック下巻 (MOOK21)
販売元:共同通信社
発売日:2010-01-13
クチコミを見る



「不毛地帯」オリジナル・サウンドトラック「不毛地帯」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
販売元:commmons
発売日:2010-02-17
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



不毛地帯 DVD-BOX 1不毛地帯 DVD-BOX 1
出演:唐沢寿明
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010-03-17
おすすめ度:2.0
クチコミを見る