10日ドラマ「曲げられない女」第5話を視聴した。

今回は子供たちを連れて家を飛び出した

璃子は先の家に転がり込んできた。

璃子は夫の浮気で家を飛び出したが子育てを

殆ど義理の祖母とお手伝いさんに任していたために何もできない。

そんな姿を見た早紀は璃子の代わりに料理を作ったりするが、

子供たちは食べたくないというが、

早紀はそんな贅沢な食べ物はここにはありません

と璃子と違って確り言い聞かす。

しかし事態は夜になり璃子の息子が

ぜんそくの発作を起こして早紀が病院に担ぎ込んだ。

それを早紀から知らさせた璃子は

それでも子供と暮らしたいというが

子供たちがそれを望んでいなかった。

翌朝光輝から捜索願が出ているという話で

そうなると事態が深刻になる事から事情を話して

早紀の家の前まで乗り込んできていた。

璃子はここで子供たちを渡してしまうと

もう子供たちと会えなくなるという事で抵抗したが、

早紀が嘘をついて生きるのは辞めて

正直に生きる事を璃子に一喝して

璃子は子供たちを返すシーンがメインだった。
ストーリー

“曲げられない女”=早紀は、恋人・正登と別れ、仕事を辞め、

母にも先立たれてしまうが、璃子と光輝の存在に助けられ、

少しずつ自分を取り戻していく。

そんな矢先、早紀のマンションに家出した璃子が転がり込み、

さらに酔った光輝から「好きだ」と告白される。

そして璃子は義母や夫に内緒で子どもたちを

早紀のマンションに連れてきてしまう。

子どもたちとの接し方がわからない璃子に代わって、

早紀と光輝は子どもたちの面倒を見る。

そのころ璃子の夫と義母は警察に捜索願いを出していた。

早紀は子どもたちをひとまず返すよう璃子を説得するが、

璃子は「あたしなんて誰にも必要とされてない」と聞く耳を持たない。

そんな璃子に早紀は――。

以上日テレ曲げられない女HPより


今回は璃子が子供たちを連れて早紀の家に

転がり込んできた事から話が始まった。

簡単に言ってしまえば璃子は

夫の浮気と家の窮屈さに愛想尽かしたのだが、

ここで1番問題なのが子供たちの意思の問題だろう。

璃子は家では何もさせてもらえない状態なので

子供たちは自然と義理の祖母に懐いて璃子は

まるで他人のような状態だ。

さらには璃子よりも義理の祖母と居たいという状態だ。

確かに璃子も最初は確り育てようとしたが、

如何せん嫁いだ先がお金持ちだった事も悪かった。

そういう家の場合はどうしてもその家の力が

強過ぎるので簡単には自分の思い通りの生活ができないものだ。

ただ決定的に違うのは一般庶民より優雅な生活ができる事だろう。

そんな環境に育ってしまった子供たちは当然

今以下の生活をしたくないという気持ちは強い。

これが母親に懐いていれば良いけれど、

逆となると裁判で勝利するのは難しい。

それでも抵抗しようとする璃子だったが、

義理の祖母の捜索願で事態は急転する。

その前に早紀は子供たちに確りした躾には

曲げられない信念を確り璃子の子供たちの前でも見せつけた。

まあ子供たちの感覚でこのまま育つと大人になった時

とんでもない非常識な大人になってしまいそうだけれどね。

そしてその行動は璃子以上に早紀は母親らしく行動した。

未婚の早紀が璃子以上に確りしてしまうのだから

璃子の母親としての技量が劣る。

そんな状況でも璃子は子供たちと暮らしたい

というもののこの状況では完全に不利と早紀も悟り

一度子供たちを返す事を璃子に告げるが、

璃子はそれを受け入れられない。

それを見かねた早紀がピンタで璃子を一喝して

璃子に一度子供たちを返すように説得し子供たちを返すのだった。

正直璃子がこの裁判に勝てるとすれば夫の浮気による

慰謝料については多額の慰謝料を獲得する事ができるだろう。

しかし養育権と親権については完全に育児面で不利だし、

経済面もそうだけれど、

子供たちの意思という点で璃子が勝つのはかなり至難の業だ。

裁判になった場合浮気による慰謝料では勝てるが、

養育権と親権では完全に負けるだろうというのが今の状況だ。

これが子供たちが母親と居たいという気持ちが示されれば別だが、

そうでない限り璃子が子供たちと一緒に暮らすのは

困難なのではないだろうか。

子供の事を良く知らない現状では・・・

という事で次回は璃子が子供たちを取り戻そうと闘う訳だが、

その前に早紀が倒れてしまう。

早紀は母親と同じ症状で倒れただけに

早紀はどうなってしまうのだろうか?

その展開から目が離せないところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

曲げられない女 オリジナル・サウンドトラック曲げられない女 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:池頼広
販売元:バップ
発売日:2010-02-24
クチコミを見る



戻れない明日戻れない明日
アーティスト:aiko
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010-02-03
おすすめ度:5.0
クチコミを見る