3日ドラマ「曲げられない女」第4話を視聴した。

今回は母に先立たれすっかり目標を失った早紀は

無気力状態の毎日を送っていた。

そんな中早紀を託された璃子と光輝は早紀を励まそうと

色々手を打つが無気力のままだった。

そんな中老弁護士の中島が訪れてくる。

中島は弁護士を引退するのでそれまで

経験したノートを早紀に活かしてほしいと託したのだった。

これで火が付いた早紀は中島の引退を撤回するために衝動的に行動し、

中島の引退を撤回させて早紀は

中島の下で働く事になったシーンがメインだった。
ストーリー

信念も物事も“曲げられない女”=早紀は、

恋人・正登と別れ、仕事を辞め、母にも先立たれ、

すっかり無気力になってしまった。

早紀を励まそうする璃子と光輝だが、

早紀に「あなたたちみたいに幸せになれない」と

弱音を吐かれて複雑な気持ちになる。

周囲に同調し、結局自分の居場所をなくしている

自分たちは果たして幸せといえるのか?

そして璃子は正登と光輝の二人がともに

早紀を想っていることに気づく。

そんな早紀を老弁護士・中島が訪ねてくる。

弁護士を引退し田舎に帰るという中島から

預かったノートを開いたとき、早紀のなかで何かが目覚めた。

数日後、早紀は正登に呼び出され、2回目のプロポーズをされる。

早紀は今度こそプロポーズを受けるのか?

以上日テレ曲げられない女HPより


今回は母の死ですっかり無気力になってしまった

早紀は何もやる気をなくしてしまっていた。

まあ唯一の喜んでくれる存在だった母が亡くなってしまったのは

早紀にとって大きなショックだったし、

それで目標を見失うのも良く解る。

私も昔リストラに会った時には何をやりたいのかわからずに

無気力だった時期があったからそういう気持ちになると

時間が必要だったりする。

そんな早紀を見かねた璃子と光輝は早紀のマンションを訪れてくる。

2人が訪れてきても無気力のまま、

そして元恋人の正登が来ても変わらなかった。

しかし早紀の元に以前不当解雇でお世話になった中島が訪れてきて、

早紀に自分は引退するので今まで培った

ノウハウを活かしてほしいと渡しにきたのだった。

これを見て早紀は目を覚まし、中島に弁護士の引退の撤回を迫った。

その迫力に中島は引退を撤回し、

早紀を雇って再スタートをするのだった。

捨てる神あれば拾う神ありという感じで

母を亡くしても璃子と光輝のような早紀を

応援する人や中島のように早紀を拾う人と出会った。

これで早紀も再び弁護士を目指して勉強し始めるのだった。

次回は璃子が子供を連れて早紀の家に転がり込んでくる。

お金持ちの家には愛がない事に

璃子はついに我慢できなくなっていた。

果たして璃子はどういう結論を出すのか?

そして早紀はそれをみてどう行動するのか?

その展開に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

戻れない明日戻れない明日
アーティスト:aiko
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010-02-03
おすすめ度:5.0
クチコミを見る