17日北海道日本ハムの1軍投手コーチで沢村賞を2度獲得した

小林繁投手コーチが17日午前11時頃に心不全で亡くなった。

享年57歳。

小林繁氏は1972年に巨人に入団し、

第1次長嶋政権の76、77年に18勝を上げて

リーグ優勝に貢献したが、

1978年の江川事件で阪神に電撃トレードされ、

翌年の1979年の対巨人戦8連勝を含む

22勝を上げて2度目の沢村賞を受賞した。

その後も阪神の先発として活躍し、

1983年に13勝を上げながら現役引退した。

引退後は野球解説者を経て近鉄、日本ハムの投手コーチを歴任していた。

突然の訃報に日本ハムの投手コーチの緊急編成が迫られ、

多くの野球関係者に悲しい訃報に驚いている。
まだ57歳という若さで今季から北海道の1軍投手コーチとして

指導する矢先の訃報だっただけに本当に驚いている。

特に体が悪かったという話も聞いていなかっただけに

本当に急死という状況だったのだろう。

小林繁氏の現役時代は私はあまり覚えていないし、

まだ記憶に残るような年齢じゃなかったけれど、

アンダースローから投げる投球で

11年間で139勝と短い現役生活だったけれど、

江川事件の被害者として当時の野球ファンからは

語り継がれる事件の当事者でもあった。

この事件の経緯を知っているのは当人たちと

それに関わった人以外は真相がわからない事件だけれど、

3年前にCMの共演で劇的和解という出来事もあったほど、

あの事件以来グラウンド以外ではあった事がなかったほどだった。

今の若い世代にももう知らない人が

多数の事件だけれど当時は社会現象になるほどの事件だった。

その後ドラフト会議で逆指名や自由枠、希望枠ができて

こういう悲劇は少なくなったけれど、

あの当時はこういう被害者として悲劇のエースと言われた事もあった。

本当に突然の訃報にただただ驚くばかりです。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。