14日サッカーJ1アルビレックス新潟は

大宮アルディージャからMF小林慶行選手の獲得を発表した。

小林選手は1999年にV川崎(現東京V)に入団し

主にボランチとして活躍している。

昨シーズンは柏に移籍していた。

これでアルビレックス新潟は懸念された

ボランチの補強に成功し残るは1つ残る外国人枠の補強になった。
ひとまずボランチは3枚以上となったので

これでボランチで困る事はなくなった。

CBに千葉を持っていく事でどうしてもボランチは

不足する事態になるところだったが、

若いチームにとって経験あるボランチの加入は

色々な面で良い影響はあると思うし、

経験の少ないチームには悪い補強じゃない。

そして何より今年30代の選手が内田と大島しかいないのも

事実な訳でそれぞれのポジションで経験値のある選手が

いる事でもプラスだ。

先発でも控えでも起用し易い点でもベストな補強となった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。