14日ドラマ「不毛地帯」第11話を視聴した。

今回はフォーク社との交渉に挑む前に

里井副社長がアメリカに乗り込んできた。

そこで里井副社長が乗り込んで自分の案で

交渉に挑み見事に交渉を成功させた。

しかしその交渉後里井副社長が倒れ緊急入院する。

緊急入院した里井副社長は医者の制止も聞かずに退院して帰国し

フォーク社の来日準備をするのだった。

そしてフォーク社が来日するシーンがメインだった。
ストーリー

壹岐正は、副社長の里井達也とともに、

千代田自動車との提携を目指して米自動車産業ビッグ3の一角、

フォーク社との交渉に臨んだ。

千代田自動車側は、乗っ取りを恐れ、

フォーク社の出資比率を25%以下にしたいと主張していた。

それに対してフォーク社側が提示した条件は、

重要決議に拒否権を行使できる33・4%以上でなければ

交渉には応じないというものだった。

そこで里井は、腹心である業務本部長の角田保とともに

新たなプランを作成する。

それは、壹岐たちが進めてきた提携話を白紙に戻し、

フォーク社と千代田自動車が対等の出資比率で

新たな合弁会社を作るというものだった。

壹岐らとともにデトロイトのフォーク社を訪れた里井は、

フォーク会長との会談を行った。

その席でフォーク会長は、

新たな合弁会社を作るという里井の提案に強い興味を示し、

千代田自動車の経営状況を調べた上で検討する、と答える。

里井は、さっそく社長の大門一三に連絡をとり、

来月フォーク社が日本に覆面調査団を派遣するところまで

こぎつけたことを報告する。

里井は、調査団の受け入れ準備も自らが主導するつもりでいた。

そんな里井に、壹岐は、千代田自動車がフォーク社と

合弁会社を作るプランに納得するとは思えない、と進言した。

仮に50対50の対等出資で合弁会社をスタートさせても、

あっという間にフォーク社に飲み込まれてしまう

危険性があるからだった。

一方、フォーク社にしても、

千代田自動車の経営状況が予想以上に悪化していることを

知ったらこの話から手を引く可能性が高かった。

しかし里井は、壹岐の言葉をさえぎると、

自分の案が通らなかったからといって

水を差すのは止めろと言い放つ。

と、そのとき、突然、里井が苦しそうに胸を押さえて倒れこんだ。

壹岐や角田は、救急車を呼んで里井を病院に運んだ。

狭心症の発作だった。

里井は、検査を担当した医師から、

心筋梗塞に移行する恐れもあることから、

今後は海外出張などを控え、

副社長のポストからも退くようアドバイスされる。

しかし里井は、フォーク社側調査団の来日が控えているのに

のんびりしているわけにはいかない、と強引に退院しようとした。

そこで壹岐は、来日を延期するようフォーク社側と交渉する、

と里井に告げるが…。

以上フジテレビ不毛地帯HPより

今回は壱岐がアメリカ近畿商社の社長として赴任してから

フォーク社との交渉に向けて準備をしている最中に

里井副社長が突然渡米してきてフォーク社との

交渉に自ら乗り込んできた。

里井副社長は壱岐を激しく意識し壱岐に

何も手出しするなと怒鳴りつけるのだった。

まあ完全に意識し過ぎるあまりに我を失いかけている里井副社長だが・・・

そしてフォーク社との交渉では先に壱岐の案を出した後に

里井副社長の案を提示し見事に交渉は成功した。

しかしフォーク社との交渉では千代田自動車の経営悪化の状況を

懸念していた中での交渉で壱岐は不安を覚えていた。

そんな中里井副社長が倒れた。

里井副社長は緊急入院し1週間の入院が必要と診断されたが、

壱岐を意識するあまりに強行退院をして帰国するのだった。

そしてフォーク社の来日準備に取り掛かったが

フォーク社は何かを隠していた。

次回はフォーク社が来日して果たして交渉がうまくいくのか?

その展開に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。