16日(日本時間17日)MLBニューヨークヤンキースから

FAとなっていた松井秀喜選手がロサンゼルスエンゼルスと

1年契約600万ドルで契約し入団会見を行った。

松井選手はMLBニューヨークヤンキースと

4年契約最終年の今年DH専門として出場して

勝負強い打撃でヤンキースを世界一に導き

ワールドシリーズでは日本人初のMVPを受賞したが、

今季守備機会がない事が再契約のネックとなり

ヤンキースは再契約しなかった。

これで来季松井選手はイチローと同じ西地区アリーグで

直接対決19試合を戦う事になり

注目度は東海岸から西海岸に移る事になりそうだ。
ヤンキースで7年間の契約期間を終えた松井選手は新天地として

選んだのがロサンゼルスエンゼルスだった。

年俸こそ半分となったものの、

逆に今までが高過ぎたというイメージもあり

今季の守備機会0を考えればMLBで長くプレーするには

よい機会だったかもしれない。

守備機会が100試合ほどあれば

800万ドル位で契約できたとは思うけれど、

元々松井選手はお金でプレーする選手ではなく、

必要とするチームでプレーする選手なので

地区優勝を狙えてワールドシリーズへ

進出するチャンスのあるエンゼルスは

実に最善の選択だったと思う。

かつては長谷川滋利投手が在籍したこともあり、

ロサンゼルスはナリーグのドジャースもあるので

環境も温かくひざを痛めている松井選手には最適な環境でもある。

守備についても私から観ても平均値以上の守備力がある選手なので

ヤンキースのようにゴールデングラブ賞クラスのレベルを

求めなければ松井選手より守備に難のある選手はいる訳で

私は問題なくレフトを中心とした守備は任せる事ができると判断している。

エンゼルスにとっても年間100打点を稼げて、

ポストシーズンに強い選手を獲得できた事で

来季ワールドシリーズ制覇を目指せる可能性が広がった事は事実だろうし、

松井選手も2年連続ワールドシリーズに進出して

活躍すればより自らの評価を高める事ができるだけに、

来季の活躍が待ち遠しいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

不動心 (新潮新書)不動心 (新潮新書)
著者:松井 秀喜
販売元:新潮社
発売日:2007-02-16
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



MODESTY 松井秀喜つつしみ深い生き方MODESTY 松井秀喜つつしみ深い生き方
著者:伊集院 静
販売元:ランダムハウス講談社
発売日:2007-03-23
おすすめ度:5.0
クチコミを見る