9日ドラマ「ギネ 産婦人科の女たち」最終話を視聴した。

今回は玉木から君島が教授になる条件が柊のクビと知った柊は

自ら病院を辞めると宣言し君島に教授になるように薦めた。

そんな中藤木は次の勤務先を考え始めていた。

そんな中一代の手術が決まり、まず帝王切開をして出産し、

その後がん化した卵巣を摘出する予定だった。

しかしそこに急患が入り、

執刀した須佐見が他の患者の手術に回る事になった。

その中で突然一代の容体が急変し、

すぐに帝王切開して出産するとその直後がん摘出手術を行おうとするが、

容体がさらに急変し心肺停止状態になった。

そのピンチを何とか切り抜き一代は一命を取り留め

抗がん剤治療をする事になった。

そして数日後玉木は留学を辞めて病院に残る事を決断し、

柊は小笠原へ旅立とうとするが、

君島がそれを強引に引き止め柊は再び病院に勤め続ける事に

なったシーンがメインだった。
ストーリー

玉木から、君島が教授になるための条件を聞いた奈智は、病院を辞めると宣言。

驚いた君島や藤木に、奈智は「行きたいところがある」と伝える。

やがて君島は教授に昇進。藤木も、次の勤務先を考え始める。

まもなく、一代の手術の時がやって来た。

手術は、まず子供を帝王切開で出産し、

その後、がん化した卵巣を摘出するというもの。

執刀は須佐見が行うことになった。

奈智の説明を聞いた一代は、覚悟を決める

ところが、一代の麻酔直前に、急患の連絡が入る。

患者は、火災現場で転落した33週の妊婦で、

下腹部から大量の出血をしているという。

手術室が他に空いていないと知った奈智は、

一代より先にこの患者の手術をしたいと頼む。

須佐見は、急患の手術を決断。

さらに、この患者は脳内出血していることが分かり、

手術 室には、藤木、桧口、嶋のほか脳外科医も駆けつける。

一代は、手術室が空くまで待機することになった。

一方、鳥海が診ていた妊婦の胎児の心拍数が落ち、鳥海は帝王切開を要請。

しかし、手術室の空きがなく、

しかも医師たちも全員手が塞がっているため、皆に緊張が走る。

そんな中、一代の容態が急変し、大出血を起こして――。

以上日テレギネ産婦人科の女たちHPより


今回は玉木から君島が教授になるためには柊のクビが条件と知った

柊が君島の理想を実現させるために自ら辞職し、

君島を教授に就任させる事を選んだ。

病院側として考えれば柊自ら辞職してもらう方が良い訳で、

君島の教授就任にしようが無くなる訳だ。

ただこれにより君島が教授になる事で

他の去就にも影響を及ぼす事になった。

そんな中一代の帝王切開とがん摘出手術を行う事になった。

ギリギリ30週目での出産となる訳で、

未熟児の出産とがん摘出手術を行う予定だったが、

この病院では緊急患者が多く運ばれてくる事が

多く急患が運ばれ須佐見は別の手術と対応へ回った。

そんな中一代が苦しみ出し、緊急に帝王切開をするが、

帝王切開で男の子を出産することには成功したが、

がん手術の途中で心肺停止となり出血も止まらない。

美和子の悪夢が過る・・・

しかし何とか一命を取り留め一代は抗がん治療でがんを克服する事になった。

そして玉木は病院に残り、藤木は別の大学病院で教授として去り、

そして柊も病院を辞めた。

ここで柊は新たな赴任先として小笠原を目指したが、

そこで教授に就任した君島が忙しい中柊を引き留めに

乗船前寸前で柊を引き留めた。

確かに君島も柊の腕を買っているけれど、

それでも危なっかしい柊の行動にもっと鍛えなければならない

とわかっていた事も引き留めた1つの要因だろう。

腕はあるが前ばかり向いている柊を医療施設のない

小笠原では務まらないと思ったのも無理はないかもしれない。

その中で柊は再び過酷な医療現場に戻ったのだった。

色々考えさせられた3か月間だったけれど、

中には色々な症例があり、もっと色々な症例を紹介したかったと思う。

しかし3カ月ではこれが表現的に限界だし、

色々な思惑で病院運営もされている。

しかし今この産科が減少したら私たちは安心して子供を産めないし、

診察すら受けられない妊婦も出てくるだろう。

総評として色々詰め込み過ぎたドラマだったかもしれないが

今置かれている医療現場の過酷さを感じるシーンを多く

見る事ができたのは大きな意味があったと思う。

患者がたらい回しになるケースも増えているけれど、

こういう過酷な現状こそ本当に政治は力に

ならなければならないと感じなければならない。

過酷な医療現場が落ち付く日は何時になるのだろうか・・・

そう感じて視聴した3か月間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ノーフォールトノーフォールト
著者:岡井 崇
販売元:早川書房
発売日:2007-04-18
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



ノーフォールト(上)(ハヤカワ文庫JA)ノーフォールト(上)(ハヤカワ文庫JA)
著者:岡井 崇
販売元:早川書房
発売日:2009-09-05
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



ノーフォールト(下)(ハヤカワ文庫JA)ノーフォールト(下)(ハヤカワ文庫JA)
著者:岡井 崇
販売元:早川書房
発売日:2009-09-05
クチコミを見る



壊れゆく医師たち (岩波ブックレット)壊れゆく医師たち (岩波ブックレット)
著者:岡井 崇
販売元:岩波書店
発売日:2008-03
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ
著者:森田 豊
販売元:朝日新聞出版
発売日:2008-04-22
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



産声が消えていく産声が消えていく
著者:太田 靖之
販売元:祥伝社
発売日:2008-07-23
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

「ギネ 産婦人科の女たち」 オリジナル・サウンドトラック「ギネ 産婦人科の女たち」 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:池頼広
販売元:バップ
発売日:2009-11-27
クチコミを見る



My measureMy measure
アーティスト:lecca
販売元:カッティング・エッジ
発売日:2009-11-18
クチコミを見る



ツナイデテツナイデテ
アーティスト:RYTHEM
販売元:SMA
発売日:2009-11-11
おすすめ度:2.0
クチコミを見る