23日NHKは大みそかに放送される

「第60回NHK紅白歌合戦」の出場歌手

計50組を発表した。

注目は毎年来年の大河ドラマ主演者では審査員務める枠に

福山雅治が16年ぶり2度目の歌手として出場する事が決まった他、

毎年2枠だったジャニーズ枠には嵐とジャニーズの若手で

構成されたNYC boysの計4組がジャニーズから出場する。

その他には「ゼクシィ」CMソング「Butterfly」を大ヒットさせた

木村カエラ、紅白応援隊デジタル応援隊にも選ばれた

水樹奈々が声優専業としては異例の出場を果たし、

その他羞恥心で昨年出場した遊助(上地雄輔)、

FUNKY MONKEY BABYS、flumpool、

レミオロメンが初出場を果たした。

注目された大物歌手の出場は無く盛り上がるのか

疑問視される紅白となりそうだ。
毎年恒例となった紅白出場歌手だけれど、

私個人としては福山雅治の16年ぶりの出場は本当にうれしい。

毎年コンスタントにヒットを飛ばしデビュー20年経ても

不動の人気を誇るアーティストをNHKものどから出るほど出てほしかったと思う。

大河ドラマに主演する人は毎年審査員だけれど、

歌手として実績ある福山雅治を審査員にさせるには

必ず何故歌手として出場させない?

という苦情が確実に来る事を見越した上だろう。

そして他には初出場では新人不作の年という事もあり新戦力はなく、

活動5年以上の歌手が選出される事になった。

その中では木村カエラは今年の「ゼクシィ」CMソングの印象が強く

これは納得という事だし、

声優の水樹奈々が出場するのは声優界としては快挙と言っても良い。

元々声優の中でも大ヒットソングを飛ばした人も少なくなく、

その中でもトップクラスを誇る水樹奈々が出場する事で

今後声優界の枠で出場する道が開かれた。

それ以外ではドリカム、ゆず、AKB48が復帰したが

全体的にはサプライズはなく纏まった紅白となりそうだ。

唯一注目は今年限りで長期休養する事になる絢香が

どこで出場するかが注目ポイントといえそうだ。

過去に人気絶頂で産休に入った安室奈美恵さんや

引退宣言した都はるみさんがトリを務めたケースがあるだけに

トリを務めるだけの実力と実績では4年間の活動を

観る限り十分備えている。

注目された子供店長こと加藤清史郎は

やはり昨年の崖の上のポニョのように印象の残る曲を歌っていなかった事が

選ばれなかった要因だろうし、

大ヒットではなく人気だけで出場させるのを避けたのだろう。

それでもどこかで出場するのだけは間違いなので

どこで出てくるのかは楽しみです。

サプライズはなく落ち着いた紅白にはなりそうですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。