4日プロ野球日本シリーズ巨人対北海道日本ハム戦の第4戦が

東京ドームで行われ、

4対8で北海道が2アウトからの集中打で尚成投手を攻略して

対戦成績を2勝2敗のタイに持ち込んだ。

試合は巨人先発尚成投手、北海道先発八木投手の投げ合いで始まり、

3回に北海道が2アウトから4番高橋選手のタイムリー、

6番小谷野選手のタイムリーで4点を先制する。

しかしその裏巨人も2番松本選手のタイムリーで1点を返すが、

5回に北海道が4番高橋選手のホームランで突き放すと、

7回にはスクイズを決め、

8回には6番小谷野選手のタイムリーでダメ押しした。

巨人も8回に4番ラミレスの3ランで追い上げたが

最後は抑えの武田久投手が抑えてそのまま逃げ切った。

これで対戦成績は2勝2敗のタイに持ち込まれ勝負は

札幌ドームの第6戦以降にまで持ち込まれた。
2アウトからの粘りに完全にやられたというのがこの試合の印象だ。

シーズン中も北海道は2アウトからの反撃が多かった通りに

粘りある攻撃に完全にやられてしまった。

これが本当の北海道打線という事を痛感した試合だし、

第3戦ではホームランの打ち合いなら巨人、

第4戦の連打なら北海道と接戦が続いた

第1,2戦と違いそれぞれの特徴を十分に活かされた。

巨人は5回までノーアウトから走者を出したもののチャンスを

広げられなかった事がこの試合の明暗を分けた。

これで対戦成績は2勝2敗となり第6戦までもつれたけれど、

より面白い試合が観れるだけに第5戦でどちらが取るか?

注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。