1日大河ドラマ「天地人」第44話を視聴した。

今回は本多家から政重を婿入りさせた兼続だったが、

政重改め勝吉は警戒から心を開こうとせずお松は苦悩する。

そんな勝吉を見た兼続は上杉家の財政と

その現状を包み隠さず見せるのだった。

一方家康は秀忠に将軍職を譲り天下は徳川のものと示した。

そんな中でお松は病で倒れ帰らぬ人になってしまい

勝吉は直江家を離れようとするが、兼続は勝吉を引き留める。

そして後日治水の相談で政宗と会談し生まれ変わった

米沢を観て感心するシーンがメインだった。
ストーリー

本多政重が直江家に婿入りし、名を勝吉と改める。

勝吉が心を開こうとしないことに悩むお松を、

お船は時に任せればよい、と励ます。

兼続は勝吉に上杉の内情を包み隠さず明かし、家臣たちを驚かす。

一方、江戸では、家康が秀忠に将軍職を譲り、

豊臣家との決別を決定的なものとする。

そんな折、米沢では、雨で猿尾堰(さるおぜき)が決壊。

兼続は米沢生まれの政宗に治水について相談することを思い立つ。

兼続は勝吉を伴い政宗に面会。

政宗は天下が動く、と兼続を挑発するが、

兼続は今は民の暮らしこそ大事、と返す。

政宗は治水に詳しい者を送ることを約束する。

その年の暮れ、米沢で病が流行。

お梅が亡くなり、お松も勝吉と夫婦になれて幸せだった、

と言い残し息をひきとる。

跡継ぎは竹松に譲りたいと話す勝吉に、

兼続は上杉の鉄砲づくりを見せる。

驚く勝吉に、兼続はこれからもここで暮らすよう話す。

兼続のもとを政宗が訪れ、治水の助言を与える。

政宗は、ここは一つの天下をなしている、と兼続の街づくりをほめる。

感極まり涙を浮かべる兼続は自分の目指す道を見つけるのだった。

以上NHK天地人HPより


今回は本多家から直江家に婿養子として迎えた勝吉だったが、

以前は完全な敵同士だった事もありなかなか心を開こうとしなかった。

これは以前上杉家が武田家の菊姫を迎えた時同様に警戒されるのは

当然と言えば当然だった。

そんな中でも兼続は勝吉に現状の上杉家の内情を包み隠さず公開するのだった。

これは色々意図があるだろうが、

兼続は経たに何かを隠すよりも公開して堂々と

米沢の国造りをしている事を見せた方が得策と考えただろうし、

隠さなかった事で江戸幕府への信頼を示す1つと考えたのだろう。

身内でありながら敵方だが、

逆にその敵方を引き込めれば上杉家の安泰に繋がると

確り見越した策だっただろう。

そんな中でお松は勝吉が心を開かない事に悩んだが、

お船が私たちも最初はそうだったとお松を励ますのだった。

色々な経験をしているからこそ言えるアドバイスがある事を

お船は確り伝えたのだった。

そんな中で次女のお梅が病で亡くなり、

それがお松にも感染しついに倒れるのだった。

直江家を守れなかった無念を兼続とお船に

言い残してこの世を去るのだった。

そして勝吉は直江家に用がないと悟り去ろうとした時

兼続は引き続き直江家に残るように告げるのだった。

簡単に返すよりもある程度直江家の事情と

上杉家の事を知ってから返した方が得策と考えたのだろう。

そしてラストでは宿敵だった政宗と会談し、

政宗に故郷米沢の街造りにとても感心し兼続を褒めるのだった。

元々自らの故郷がこれだけ見違えるように

変わった事は政宗もそれだけ認めるところがあっただろうし、

兼続の政治力の素晴らしさを感じたからこそ

後々兼続を認めるようになっていく。

もう対立した時代は終わり共にその土地で生きる時代と

兼続も政宗も感じたのだろう。

もう戦の時代は終わり、

これから平和の時代になる事で確りした国造り、

そして備えを続けていった。

次回はいよいよ上杉家の名誉挽回のチャンスとなる大坂の陣となる。

かつて主君として豊臣家を支えた上杉家は

今度は徳川方について戦う事になる。

この義については次回書くけれど、

果たして上杉家はどのような決断で大坂の陣に挑むのか?

その決断と戦いに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

天地人 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)天地人 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-10
クチコミを見る



NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック完結編NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック完結編
アーティスト:TVサントラ
販売元:SMJ
発売日:2009-10-21
クチコミを見る



NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]
出演:妻夫木聡
販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2009-11-26
おすすめ度:2.5
クチコミを見る