27日大河ドラマ「天地人」第39話を視聴した。

今回は三成を捕えた家康は全ての責任を三成に負わす事で決着させ、

戦後処理として豊臣方に味方した大名を次々と

減封並びに改易処分に下していた。

そんな中で上杉家も例外ではなく、

家康の上洛の命に兼続が上洛し、

本多正信に家康への目通りをとり図る中で、

三成の思いを福島、小早川から伝え聞くのだった。

そして三成は最後まで豊臣の事を第1に考えていた事を

知るシーンがメインだった。
ストーリー

最上攻めから撤退した兼続は会津へ戻る。

一方、三成は家康の陣でせん議を受ける。

そこで三成は、強い者、勝つ者が常に正しいと限らぬ、と言い放つ。

兼続が竹松ら子どもたちとお船からの手紙のことで話をしていると、

初音が訪ねてくる。

そして、三成が京の六条河原で斬首されたことを知らされる。

そのころ、家康は戦後処理を進めていた。

西軍の諸将に処分が下され、さらに豊臣家も減封(げんぽう)される。

福島や秀秋らはこの処分に異を唱えるが、家康は意に介さない。

翌年、上杉に上洛の命が下る。

家康を討たなかったことを悔やむ景勝に、

兼続は、天下に義を守ること、そのためにこそ生きられよ、と説く。

兼続と実頼は名代として上洛。

上洛した兼続のもとに福島が現れる。

福島は三成と会って、三成が誰よりも豊臣家のことを

考えていたことを知ったと告白する。

悔やむ福島は秀秋にも会ってほしい、と兼続に伝える。

兼続は秀秋のもとを訪ねる。

秀秋は三成から逃がすよう助けをこわれたことを明かした。

その際、三成から、生きて我らの正義を後世に伝えよ、

との兼続への言づけがあったことも伝える。

三成の言葉をかみしめた兼続は、家康との対面に臨むのだった。

以上NHK天地人HPより


今回は関ヶ原で勝利した家康は三成らを捕えて戦後処理に追われていた。

最も家康は幕府を開くにあたって江戸に基盤を置いていたので

確りした体制は既にこの時点で描かれていたのだと思う。

ただ豊臣方の大名の力を弱めておきながら、

譜代大名をいかにして主要の土地に配置するかが問題だった。

まず5大老だった毛利輝元を120万石から36万石へ減封するなど、

大幅に国高を減封し、大名によっては真田家のように

改易するなど豊臣方の殆どが処分された。

その代わり徳川方についた大名には手厚く加増された。

そして最大の問題だった上杉の処遇で兼続は上洛したのだった。

そしてそこで三成の最後を福島正則、

小早川秀秋らから本当に事を痛感し、

自ら選んだ道を後悔していた。

後悔先に立たずというけれど、

家康がそれだけ巧みだったという事だし、

秀吉に勝るとも劣らない技量が備わっていたに他ならない。

三成は最後に兼続に死ぬな、

正義の戦いを後世に伝えてほしいという事を言い残して打首となった。

次回はついに上杉も減封となり会津から米沢へ移る事になるけれど、

その狭間で上杉家は揺れる果たして兼続は

上杉家を1つに纏める事ができるのか?

その人心掌握に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。


NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編
著者:【原作】火坂雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-07-10
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラックNHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
販売元:SMJ(SME)(M)
発売日:2009-02-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2
アーティスト:大島ミチル
販売元:SMJ
発売日:2009-08-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る