23日スペシャルドラマ「働くゴン!」を視聴した。

このドラマは報道記者として数々の修羅場を切り抜け、

泣かせのゴンと異名を取る権俵よし子が

突然11年間連れ添った夫と離婚する事になり、

今まで家事の全てを任せてきた事で両立しなければならなくなり、

仕事と家庭の両立に苦悩しながらも働く事に対して

理解を求めていくストーリーである。

母子家庭が増えた現代において子供に仕事に対する

理解を求める難しさに、事件を追う事になり、

その事件が自らの生活と直結している事で

どう解決すべきか悩みながら取材をしていく。

篠原涼子2年半ぶりの主演ドラマという事で楽しみにしていたけれど、

2年半前放送された「ハケンの品格」に子供を抱える役が

加わったという印象が強いドラマでもある。

最も第1子を出産してから1年以上経過しているんだけれど、

今回のドラマではそのブランクを感じさせない姿には

母親になっても十分活躍する姿を観る事ができるだろう。

さてドラマはスタッフ並びにキャストが

殆どハケンの品格のメンバーが勢ぞろいした感じなので

その延長線上という意味合いもあったけれど、

働く母子家庭において仕事と家庭の両立の難しさを

感じる事ができる作品になる。

特に主人公の権俵よし子は時間の不規則な

報道記者という事で24時間勤務に近いほどの職業をしている。

世間では泣かせのゴンと言われる凄腕記者だが、

家庭ではさっぱりなダメ母ちゃんと仕事の凄さと

家庭の駄目さのギャップが実に楽しめる作品だ。

そんなギャップと両立の難しさを考えながらレビューしたい。

キャスト

権俵よし子演じる篠原涼子

泉亜美演じる香里奈

村西純演じる平岡祐太

権俵咲演じる森本慎太郎

権俵春演じる佐藤詩音

鏡秀子演じる戸田菜穂

海人の父・健人演じる安田顕

春日良太演じる山口馬木也

神谷部長演じる升 毅

鏡海人演じる土師野隆之介

上原大成演じる沢村一樹

篠田伽帆演じる風吹ジュン 

ほか多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

数々の感動の報道取材で、“泣かせのゴン”との異名を取る

テレビ日本の報道記者・権俵よし子36才―。

お茶の間でも顔を知られ、

局内でも実力を評価されているこのよし子が、

プライベートで大苦戦することになった。

仕事にのめり込みすぎたツケがまわり、

なんと11年間家事を引き受けてくれていた

夫に逃げられてしまったのだ。

離婚届を手にしたよし子に残されたのは、

2人の元気な男の子、咲と春、

そして、炊事、洗濯、掃除など山のような家の雑事。

夫との修復が不可能だと察したよし子は、

長男の咲がしっかり者だったこともあり、

自分ひとりで2人の子供を守り育てようと決意する。

そんなとき、よし子はデスクの篠田伽帆の指示で、

5歳の男の子が行方不明になった事件を担当することになる。

行方不明の男の子・海人は、母親・秀子と二人暮らしで、

秀子は先月離婚したばかり。

新人の村西純と組み、上原大成、

春日良太らと取材を始めたよし子は、

息子の咲と連絡を取り、家のことを気にしながら、

虚ろな表情を見せる秀子に接近した。

よし子は、“家事と子育て”に追われながら、

篠田伽帆や他の記者と共に、秀子周辺の取材を進める。

様々な情報が交錯する中、“犯人”が、秀子の元夫と判明し、

事件は一件落着したかに思われるが―。

以上日テレHP働くゴン!より


今回はオープニングから強盗事件のレポートで

巻き込まれるところから始まるが、

爆発もものともしないよし子の強さには本当に驚くばかりだった。

そして次に始まった幼児連れ去り及び虐待事件の報道をする事になった。

そんな中よし子は自宅に戻ると夫から離婚届を突き付けられ、

突然全ての家事を任せてきた夫に逃げられるところから始まる。

夫は結婚してからよし子の仕事を支えてきたが、

家庭を顧みないよし子に愛想を尽かして、

別の女の元へ向かうのだった。

そして突然仕事と家庭の両立をする事になった

よし子は家庭では全くの駄目母ちゃんだった。

それは仕方ないかもしれないけれど、

今まで仕事だけに専念してきた訳だから

いきなり家庭の事を両立できるほど簡単な訳がなく、

両立の大変さに苦悩する姿がそこにあった。

そして何より家事が全くおぼつかない・・・

これに長男からは反発され、次男からはせがまれて苦しむ。

しかしそんな中で児童連れ去り事件が発生し、

連れ去った父親が責められるが、どうやら事情が複雑らしい。

そしてさらに母親には虐待疑惑が持ち上がり、

それぞれの想いが交差しながら報道に

翻弄される家族がそこにあった。

そんな中でよし子は家庭の事も考えなければならず

何時も仕事に明け暮れる姿に子供たちは反発する。

仕方ないけれど母子家庭だとどうしても

子供は夜1人ぼっちだったりするケースは仕方ないし、

何時も定時で帰れる仕事じゃないからね。

そして取材を重ねるうちに真実が次第に解ってきた。

まあ真実は大人の事情による本音が思わず

出てしまった事により子供の反応だった訳だけれど、

子供は親の反応1つに対してかなり敏感だったりするものだからね。

そして何より子供は親の言葉がとても影響するし、

それにおりこうにしたと思うし、褒められたいと思うものだ。

だからどうしても子供は怒られる、

喜ばない事と感じると黙ってしまうものだし、

喜んでほしいと秘密の行動をする事もある。

最後のシーンではそんなシーンを観る事ができた。

それでよし子の子供たちもそんなよし子の仕事ぶりを

少しずつ理解し始めたのだった。

今回はスペシャルドラマなので

今後連ドラ化されるかはわからないけれど、

連ドラ化しても十分面白い展開を観る事ができそうだし、

毎回色々な事件を楽しむ事ができそうだ。

母子家庭で頑張る仕事は凄いが家庭は

ダメ母ちゃんの奮闘に再び会える事を楽しみにしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。