20日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、

2対8で巨人が3回の打者一順の猛攻で

東京ヤクルトに大勝しマジックを5として

東京ドーム6連戦で一気にリーグ1位を決めにかかる。

試合は東京ヤクルト先発由規投手、

巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、

3回に巨人は3番小笠原選手のタイムリーから口火を切り、

打者一順の猛攻で一挙5点を上げる。

4回には3番小笠原選手のホームラン、

5回には8番脇谷選手のタイムリーで試合を決めた。

投げては先発尚成投手が6回に2失点した以外は

危なげない投球で今季初完投で勝利した。

これで巨人はマジックを5として

最短で23日にもリーグ1位が確定する。
2連敗の後の4連勝と終わってみれば

6試合で4勝2敗で勝ち越した。

ただ9連戦なので中日戦で1勝でもしないと

9連戦勝ち越しにならないし、

ホーム東京ドームで胴上げができなくなるので中日戦では

最低1つ以上勝利しておきたい。

とにかく今は打線が上手く繋がるので

一度繋がれば大量得点になり易い展開になっている。

そしてこの試合では尚成投手が久しぶりに

危なげない投球で完投したのは9連戦が続く中ではとても大きい。

これで最短で23日の中日戦で胴上げが決まるし、

悪くても6試合を4勝2敗で乗り切れば東京ドームで胴上げできる。

1位を決めて残り試合をCS対策のための戦いが

できるようにそして東京ドームのサポーターと共に

リーグ1位を確り味わいたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。