20日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

4対3で巨人が横浜に競り勝ちし同一カード3連勝で

広島に敗れた中日とのゲーム差を2.5とした。

試合は巨人先発久保投手、横浜先発ウォーランドの投げ合いで始まり、

2回に横浜が4番ジョンソンのホームランで先制すると、

3回には3番内川選手のタイムリーで追加点を上げる。

巨人はその裏2番木村選手の時に出塁した坂本選手が2盗、

木村選手のヒットの打球を横浜がミスする間に生還し1点差とし、

4回には4番ラミレスの併殺打の間に同点に追いついた。

しかし横浜は5回に3番内川選手のタイムリーでリードを許すが、

その裏巨人は2番木村選手の犠牲フライで同点に追いつき、

3番阿部捕手のホームランで逆転に成功すると、

巨人は2番手藤田投手、3番手越智投手、4番手山口投手、

最後は抑えのクルーンが抑え巨人は対横浜戦3タテをした。

これで巨人は広島に敗れた中日とのゲーム差を2.5とした。
先制されても確り相手のミスなどで同点に追いつき、

そして逆転し、越智、山口、クルーンのリレーで逃げ切った。

最下位横浜相手なら1つも負けられないところだし、

ここで負けていると中日とのゲーム差も縮まらなかっただけに

1ゲーム広げる事ができたのは大きい。

次は3位ヤクルトという事でここで確り勝ち越して

中日との直接対決に挑んで行きたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。