19日ドラマ「赤鼻のセンセイ」第7話を視聴した。

今回は参太朗が腹痛で倒れた。

原因は急性虫垂炎で緊急手術をする事になったが不安になる。

その頃和田の症状が日に日に悪化しており、

七瀬は絹にその現状を話すのだった。

入院した参太朗は病室の隣に漆原という患者と同室になり、

参太朗に面白い話をしてほしいと頼まれるが、

なかなか面白い話ができない。

そして数日後その患者は容態が急変して亡くなった。

元気な姿を見ていた参太朗は信じられない気持ちになったが、

絹の話を聞いて、より院内授業に対する

重要性を感じたシーンがメインだった。
ストーリー

石原参太朗が、授業中に腹を抱えて倒れた。

桜山によると急性虫垂炎だという。

緊急手術を桜山が執刀すると聞いて、不安になる石原。

「チェンジ!チェンジお願いします!」

八重樫は和田の病状を心配していた。

「あいつ、どんどん悪くなっていくよな」

田中に語りかけるが、遮るように止められる。

「そういう話、やめない?」

一方、七瀬は太川に和田の現状について話し、

厳しい状況に対する自分の思いを伝えるのだった。

しばらく入院することになった石原だったが、

隣のベッドに怖面の男、漆原がやってきて戸惑う。

漆原が言うには、桜山から石原のことを

相当面白い男だと聞いてきたらしい。

「なんか面白い事言ってよ」と石原に言う。

プレッシャーをかけられ困る石原。

その頃、八重樫は太川に連れられ、

受験先の高校を訪れていた。

喘息が自己管理できる状態にまで

回復していることを太川が告げると、

校長は、八重樫の受け入れを許可し、

受験をがんばるようにと励ます。

帰り道、「俺だけがよくなっていいのかな」

とこぼす八重樫に太川が言う。

「和田は必死に闘ってるのにあなたが逃げてどうするの?」

病室でじっとしているのが我慢できない石原。

桜山に止められているのにも関わらず、

授業に出るために病室を抜け出すのだったが・・・。

以上日テレHP赤鼻のセンセイより


今回は参太朗が突然急性虫垂炎で倒れるところから始まった。

何時も元気を自負していた参太朗にとって

この上ないショックであり、

手術をする事になりより不安が募ったのだった。

確かにこの状況にならないと

八重樫や和田らの気持ちは解らないだろうし、

これで病気を抱えている患者と接する機会にもなった。

その頃和田の症状は日に日に悪化していた。

病状は芳しくなく、

それでも生きる希望を持つように考えるのだった。

そして参太朗は同じ病室の患者と意気投合し、

色々その患者と話をするのだったが、

その患者は翌日急変し亡くなったのだった。

ショックを隠せない参太朗に絹は

その患者は既に自らの病状を知っていたと告げられ、

最後まで生きる希望を持って生きた事を知り、

八重樫や和田もその状況で毎日を送っている事を

身を持って知るのだった。

身近に亡くなる人を直面してしまうと

考えがガラッと変わってしまう事はあるからね。

次回は院長の兄が戻ってきて院内学級が

閉鎖される危機に直面する。

果たして参太朗はこの危機に生徒たちは

どう行動するのか?

その行動に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

夢をアリガトウ(初回限定盤)夢をアリガトウ(初回限定盤)
アーティスト:原由子
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2009-08-19
おすすめ度:5.0
クチコミを見る