18日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

10対3で巨人が初回の打者一巡の猛攻で

試合を決めて連敗を阻止した。

試合は巨人先発ゴンザレス、

横浜先発寺原投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人は3番小笠原選手の2点タイムリーで先制すると

打者一巡の猛攻で一挙5点を先制する。

2回には4番ラミレスのホームランで追加点を上げると

先発ゴンザレスは8回を2失点に抑え、

8回には途中出場の円谷選手のプロ初ホームランでダメ押しした

巨人が横浜を圧倒して勝利した。

これで巨人は連敗を阻止して6連戦初戦を制した。
中日との直接対決直前の6連戦が始まりまず初戦を制した。

今の展開からするとCS進出はほぼ堅いが

問題は何位でCSを戦うかが焦点になってくる。

最終9試合で中日と6試合残している巨人にとっては

中日との直接対決に勝ち越さなければ

1位通過はないだけに直接対決を優位に戦うには

絶対ゲーム差で並ばれない事が絶対条件だ。

特に横浜3連戦では絶対3連勝という気持ちで

挑まなければならないだけに、

初戦を取った意味は特に大きい。

これだけ初回に先制できれば中盤で主力を休ます事もできるし、

先発も楽に投げられる。

勝ちパターンの投手すら準備する必要もなかった。

ヤクルトを1位争いから脱落させるためにも

横浜戦は3タテ必勝といきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。