16日大河ドラマ「天地人」第33話を視聴した。

今回は上杉家の執政の全てを任されるようになった

兼続は越後の政に専念する一方で

秀次の謀反の疑いありという知らせに京へ上洛していた。

この事件で秀次並びに一族は皆殺しとなり、聚楽第も取り壊される。

それを知った兼続は三成に事の真相を聞こうとするが、

三成は会おうとしない。

その中で伊達政宗も謀反の疑いありと取られるが、

家康が事を納め事なきを得る。

これに不信を抱いた兼続は秀吉と面談し、事の事実を知るのだった。

これで三成と会う機会を得た兼続は6人の大老と奉行を置く

システムを三成に進言し、利家を介して秀吉に直轄して、

秀吉はこれを受け入れ、6大老、6奉行

という形で秀吉政権の形を成した。

しかし秀吉はその数年後倒れるシーンがメインだった。
ストーリー

文禄4年(1595年)、兼続は上杉家の重大な仕事のすべてを

取り仕切るようになっていた。

景勝は兼続を執政(しっせい)とし、上杉家のすべてを任せる。

景勝の厚い信頼に兼続は感激する。

そのころ、秀次は秀吉に謀反の疑いをかけられ、切腹を命じられる。

兼続は秀吉の真意をただすため三成のもとを訪れるが、

三成は会うことを拒む。

さらに、秀次と懇意にしていた政宗も謀反の嫌疑をかけられるが、

家康が北政所を通じて取りなし、事なきを得る。

京で秀次の一族が処刑される。

その様子を見ていた兼続は初音と再会。

三成の真意がわからないとする兼続に、

初音は三成も苦しんでいることをわかってほしい、と告げる。

秀吉は拾への忠誠を誓う

起請文(きしょうもん)を諸大名に提出させる。

秀吉が座を辞した後、家康は三成を激しく責めるが、

景勝は主(あるじ)の責を家臣に負わすのは筋違い、と反論する。

三成の苦難を案じた兼続は、国政を合議制にすることを思いつく。

三成とともに夜を徹して制度案をねり、利家の助力のもと、

秀吉を説得し了承を取り付ける。

諸大名による大老・奉行の署名が行われる。

喜ぶ兼続と三成。三成は兼続の友情に感謝するのだった。

以上NHK天地人HPより


今回は兼続は既に上杉家の全てを取り仕切る執政となっており、

強大な上杉家の権力の全てを握っていた。

元々内政力に長けていた兼続は景勝から

全幅の信頼を得ていたから当然といえば当然だ。

そしてその頃京では秀次が謀反の疑いで追放され切腹されていた。

それに驚いた兼続はすぐに三成にこの件を問いただそうとするが、

なかなか会うことができない。

その間に秀次の一族は皆殺しにされ、

政宗すら謀反の疑いを掛けられる事態に発展し、

兼続はますます三成に確認を急ぐのだったが、

秀吉の面会が叶い、その面会で今回の事件は

秀吉の1人よがりの出来事で三成は

その汚れ役を受けていたのだった。

それを知った兼続は1人で全てを背負うなと助言し、

さらに秀吉をコントロールできない

今諸大名が合議で決める5大老制を提案した。

この提案で徳川、前田、毛利、宇喜多、小早川、上杉の

6大老による政治だった。

これが5大老、5奉行制度だけれど、

確かに組織が大きくなるほど1人で動かすより、

多くの合議で動いた方が良いだろうし、

その方が色々な意見も出やすいところだ。

そしてその提案の仲介役に利家に頼み、

そして利家を介して三成と兼続は秀吉のその制度を進めるが、

なかなか良しとしない秀吉に兼続は上杉家の苦難話を話し、

三成はその話に嗚咽するのだった。

それに感服した秀吉は三成と兼続の意見を受け入れ、

6大老、6奉行(兼続は景勝の補佐として参加)として

秀吉政権は再出発したのだった。

これで家康だけに権力が集中する事も防げ、

それぞれが均衡した中で政治を取り仕切る事もできるのだった。

そしてその数年後秀吉は病に倒れるのだった。

次回はついに上杉家は越後を離れる事になる。

会津への国替えで秀吉政権の大きなカギを握る事になる

上杉家の国替えに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編
著者:【原作】火坂雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2009-07-10
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



天地人〈上〉天の巻天地人〈上〉天の巻
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-11
おすすめ度:2.5
クチコミを見る



天地人〈中〉地の巻天地人〈中〉地の巻
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-11
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



天地人〈下〉人の巻天地人〈下〉人の巻
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-11
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



大河ドラマ小説 天地人 (上) 紅葉の教え大河ドラマ小説 天地人 (上) 紅葉の教え
著者:火坂 雅志 (原作)
販売元:講談社
発売日:2009-03-27
クチコミを見る



NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラックNHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
販売元:SMJ(SME)(M)
発売日:2009-02-18
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2
アーティスト:大島ミチル
販売元:SMJ
発売日:2009-08-26
クチコミを見る