12日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

5対16で巨人が今季最多16点を奪う猛攻で

圧勝し6連勝とした。

試合は広島先発今井投手、

巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの犠牲フライで先制するが、

2回に広島が一挙4点を上げて逆転される。

しかし巨人は3回に5番亀井選手のホームランなどで

5点を上げて逆転すると、

6回に1番坂本選手のホームラン、

7回には一挙9点を上げて試合を決めた。

先発東野投手は5回5失点だったものの、

打線の援護で今季5勝目を上げた。

これで巨人は連勝を伸ばし、

広島戦勝ち越しを決めて中日とのゲーム差を広げた。
ようやく打線も梅雨明け宣言という感じの猛攻で

これまで援護の少なかった東野投手に大きな援護をした。

これだけ得点を上げると投手陣のやりくりも楽になるし、

勝ちパターンの投手を休ます事ができる。

序盤に大量失点をした東野投手も

今まで好投しながら援護なく敗れていたけれど、

この試合では大量援護で今まで勝てなかった分まで援護してくれた。

次はさらに好投して勝ち投手になってほしいところだ。

広島戦勝ち越しに成功し、

連勝も伸ばした事で少しでも

中日とのゲーム差をコツコツ広げておきたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。