22日長野オリンピックスタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

2対6で巨人がオビスポの完投勝利で

横浜戦勝ち越しオールスター前最後の試合を勝利で終えた。

試合は横浜先発三浦投手、巨人先発オビスポの投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制すると、

2回には5番亀井選手、7番阿部捕手のホームランで突き放す。

しかし横浜は3回に3番内川選手の犠牲フライで1点を返すが、

巨人は7回に8番古城選手のタイムリー3ベース、

8回には3番小笠原選手の2ランで止めを刺した。

投げては先発オビスポが9回に1点を失ったものの

そのまま投げ切り巨人がオールスター前最後の試合を

勝利で締めくくった。

これで巨人は50勝の大台に乗せて

オールスターを迎える。
坂本選手を欠きながらも打線全体がカバーして

横浜戦を勝ち越して終われたのは良かった。

この3試合で坂本選手を欠いた事で坂本選手の存在の大きさを

痛感したものの主力を欠いても戦わなければならないので

主力不在をどうカバーするのかは注目だったが、

控え選手が上手くカバーしてくれた。

先発がリリーフ陣を助ける試合が多かったのも

オールスター後に向けて大きな収穫だったし、

中日の驚異的な追い上げで2.5ゲーム差になったものの

それはある程度予想できた事態であり

やはり最大のライバルは中日という事を

認識で良いと思うがこれから先の戦いは

中日を意識し過ぎるよりも確り週間勝ち越しを

積み重ねて行くかに掛かっている。

ここまで振り返って開幕から由伸選手を欠いて、

李の好不調の波の激しさがあったものの、

打線は坂本選手が1番に定着してから機能し始め、

投手陣は越智、山口投手の風神雷神の活躍で貯金22を重ねた。

普通この貯金はある意味出来すぎなのだが、

その分先発陣の不振がリリーフ陣の疲労を蓄積させた。

オールスター後は先発陣の奮起に期待したいし、

打線も怪我人を上手く休ませて乗り切ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。