10日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、

5対7で延長12回阿部捕手の勝ち越しタイムリーで

逃げ切り3連勝で今季貯金最多21に伸ばした。

試合は阪神先発岩田投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

2回に巨人が阪神の守備の乱れから1点を先制すると

9番ゴンザレスのタイムリーで3点を先制する。

しかし阪神も4回に4番金本選手のタイムリーなどで

同点に追いつくが、巨人は5回に4番ラミレス、

6回に1番坂本選手のタイムリーで再び勝ち越す。

しかし阪神は7回に代打林のタイムリー、

4番金本選手のタイムリーで同点に追いつき試合は延長戦に突入し、

延長12回巨人は6番阿部捕手のタイムリーで

勝ち越しに成功し最後は6番手野間口投手が

抑え巨人は3連勝で貯金21に伸ばした。

これで巨人は週間勝ち越しへ幸先の良い勝ち方をした。
最終的にはチーム状態の差が分けた試合になったけれど、

今季の巨人は延長戦になっても踏ん張れるだけの

投手陣がいるので打線は延長戦で1点を取る戦いに集中すればいい。

阪神は藤川投手を先に使ってしまった事で

延長戦に入るとそれ以下の投手しか残っていなかったし、

打線も湿りがちだった事も最後まで追い越せなかった要因だ。

ひとまず週間5割をキープしただけに勝ち越して

今週こそ貯金20で折り返したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。