2日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

4対1で巨人が育成選手上がりのオビスポの

初先発初勝利で広島戦勝ち越しを決めた。

試合は巨人先発オビスポ、広島先発ルイスの投げ合いで始まり、

2回に広島が4番栗原選手のホームランで先制するが、

その裏巨人は7番李のタイムリーで同点に追いつくと、

3回には4番ラミレスのタイムリーで逆転に成功すると、

6回には1番坂本選手のタイムリー2ベースでダメ押しした。

投げては7回途中から2番手豊田投手、3番手越智投手、

そして最後は4番手山口投手が抑え

巨人は苦手広島戦に勝ち越した。

これで巨人はリーグ戦再開後2カード連続勝ち越し

貯金20を確保した。
広島戦は厳しい接戦が続いたけれど、

先発の谷間が多かった中で2勝を取れたのは大きいし、

次の中日戦に向けて大きな2カード連続勝ち越しとなった。

先発オビスポは制球こそ荒れていたけれど

荒球で相手の的を絞らせなかったのが

6回途中まで抑えた勝因でもあった。

そして後半戦最大の強敵である中日に

ここで確り勝ち越せるか?

大きな山場を乗り越えたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。