21日東京ドームで巨人対千葉ロッテ戦が行われ、

4対9で千葉ロッテが終盤の猛攻で巨人を振り切り

対巨人戦の連敗を7で止めて巨人は交流戦最終戦を飾れず

貯金3で交流戦を終えた。

試合は巨人先発内海投手、

千葉ロッテ先発清水投手の投げ合いで始まり、

初回に千葉ロッテが1番西岡選手の先頭打者ホームランで先制するが、

その裏巨人は4番ラミレスの犠牲フライで同点に追いつく、

その後5回まで無得点が続き6回に千葉ロッテが

2番竹原選手のホームランで勝ち越すと、

7回には2死満塁から2番竹原選手2タイムリーでリードを広げ、

8回には4番井口選手、8番今江選手のホームランで

さらにリードを広げた。

巨人もその裏5番亀井選手の2ランと

代打阿部捕手のホームランで追い上げたがそのまま逃げ切られた。

これで巨人は交流戦最後を飾れず貯金3で終えたものの

最終戦で疑問の残る采配が残った。
話にはあったものの、

普通に考えてもわざわざ内海投手のリリーフに

今季先発の東野投手を投入する意味があったのかな?と思う。

昨シーズン中継ぎで投げていたものの、

今季はこれが初登板でしかも2死1,2塁から投入と

このシーンを考えると豊田投手で良かったのでは?と考える。

同じ使うのにも回の頭からという感じで

明らかに使う場面を誤った。

そしてこのシーンでは打順の巡り合わせもあるのだろうが、

外野の名手でもある亀井選手をファーストで

起用するなどこれも話では聞いていたものの

本当に外野を固めるつもりだったら

ファーストに回す人間は亀井選手じゃないだろう。

私ならわざわざ亀井選手をファーストで

起用するなら最初から使わない。

それなら本当に守備力の悪いラミレスを

今後契約する事と年齢を含めてファーストで

起用するように練習させるべきなのでは?

(実際に練習でやっている事もある訳だし)

契約内容でファーストで起用しない条項があるのかもしれないが、

ないなら真剣にファーストの練習をさせた方が

亀井選手をファーストに回すよりよほどチームのためになる。

ファーストは若い時から内野をやってないと

なかなか外野からコンバートする事は難しいのは私もわかるが、

かつて足は遅くないが肩が弱くファーストで

起用しようとした昨年まで在籍した清水選手ケースとは違い

このまま外野に起用するのが困難になってくる

ラミレスを守備範囲が狭くても務まるファーストに

コンバートするケースを考えても良いと思う。

確かにファーストは李と小笠原選手が守れるという意見があるが、

調子の並が激しい李をこの試合でわざわざ外して

初めてファーストを守った亀井選手を起用するぐらいだから

その方がよほどマシだと思う。

ラミちゃんを狙えと言われて1年半だが、

本当に攻撃を考慮した守備体系を考えた布陣を

真剣に考えた守備体系ではなかった。

確かに外国人はメジャー契約と同じように

守備はここでしか起用しないとかいう条約があるケースもあるし、

それ以外にも打順に関する条約を

盛り込む選手もいるからシビアになるし、

監督がその起用法に当てはめられるなら問題ないものの、

その条約が監督の首を絞めているケースも実際にはある。

MLBの松井選手のようにレギュラーで

何試合起用する条約が盛り込まれている選手は

よほどの不振

(一定の成績が出ない場合ある数値によって

降格できる契約条項があると考える)

か故障でない限りDHでやりくりしても使わなければならない。

難しい契約があるゆえにそういうない選手を

起用するしかない監督の苦悩も感じた起用であった事も

今回は否定しない。

という事で色々あるもののリーグ戦再開する

今後の戦いは週間5割を切らない戦いを続ける事ができるか?

その戦いができれば例え東京ヤクルトに

一時的に抜かれても振り切る事ができるだろう。

再開までしばし投手陣は休養に務めてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。