20日東京ドームで巨人対千葉ロッテ戦が行われ、

5対2で巨人が初回に上げた4点を守り切り

3連勝として交流戦残り1試合となった。

試合は巨人先発グライシンガー、

千葉ロッテ先発渡辺俊投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が4番ラミレス、5番亀井選手の連続タイムリーで

4点を先制すると、3回に6番李のホームランでリードを広げる。

しかし千葉ロッテも7回に8番今江選手のタイムリーで1点を返すと、

8回には代打竹原選手のタイムリーで追い上げたが

最後は3番手越智投手が抑え巨人は対千葉ロッテ戦7連勝とした。

これで巨人は交流戦の貯金を4として貯金20まであと1とした。
前回の埼玉西武戦で交流戦勝ち越しを決めてあとは

どれだけ貯金して終われるかだけとなったが、

この試合では初回に4点をリードした事で

先発グライシンガーが楽な投球をする事が

できて主導権を握った試合だった。

ただ山口、越智投手が30試合以上の登板をしているだけに

手放しに喜べないのも事実だ。

明日の試合後4日間の休みに入るので

確り休養を取れるのが大きいところだが、

この期間に両投手をフォローする体制を確り整えたいのも事実だ。

クルーンが離脱し、マイケルも調子が上がらないなど誤算もあるが、

ここまでの勝利の多くは2人の活躍なしには語れない。

打線は1番に坂本選手、3,4番の小笠原、ラミレスが

不動なので5月以降バランスを保っている。

60試合を超えて早くも貯金20目前だが、

これからは東京ヤクルトの追い上げは

あるものの週間5割を確保する戦いをしていけば

良いので交流戦で貯金20の大台に乗せて終わりたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。