16日宇都宮清原球場で巨人対埼玉西武戦が行われ、

7対6で巨人がシーソーゲームを制して交流戦勝ち越しに大手を掛けた。

試合は巨人先発尚成投手、埼玉西武先発石井投手の投げ合いで始まり、

3回に巨人が4番ラミレスの内野安打で先制するが、

4回に埼玉西武が1番片岡選手の2ラン、

3番中島選手のタイムリーで逆転に成功する。

しかしその裏巨人は7番鶴岡捕手のタイムリー2ベースで

1点差にすると、2番木村選手の3ランで逆転に成功し、

3番小笠原選手のホームランで突き放す。

しかし埼玉西武も8回に1点差に迫る猛攻をみせるが、

最後は4番手豊田投手が抑え巨人は激しい接戦を制した。

これで巨人は交流戦勝ち越しに王手を掛けた。

交流戦の優勝は福岡ソフトバンクが2連覇で

幕を閉じたけれど巨人としては残り4試合で

交流戦勝ち越しを掛けて戦う試合となる。

4試合を消化すれば4日間試合がない訳で

投手陣のフル回転も可能だ。

この試合でも5回から山口投手を投入して

勝利への執念をみせたのを観ればわかる通り

交流戦の負け越しはリーグ戦への大きな負担として

残る訳で交流戦では絶対に5割以上で終わらなければならない。

東京ヤクルトのように交流戦で貯金を稼いだチームも

あるだけにこの交流戦がリーグ戦に

与える影響は大きなものとなっている。

打線はここ数試合低調だったものの

この試合では4回に繋いで集中打をみせたように

繋げば大きなビックイニングを作れるだけに、

この試合で繋いだ気持ちを継続してほしいところだ。

あと1勝すれば交流戦勝ち越しが決まるので

3試合全勝して交流戦を締め括りたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。