24日東京ドームで巨人対オリックス戦が行われ、

6対8でオリックスが中盤の集中打で巨人の反撃を凌ぎ

巨人は再び交流戦借金1へ逆戻りした。

試合は巨人先発東野投手、オリックス先発平野投手の投げ合いで始まり、

4回にオリックスが7番山崎浩選手のタイムリー2ベースで

3点を先制すると5回には4番ラロッカ、

5番下山選手のタイムリーで2点を追加した。

巨人も6回に7番阿部捕手のタイムリー2ベースで1点を返すが、

7回に5番下山選手の2ランで突き放され、

巨人は7回に3番小笠原選手の2ラン、

8回に5番李のホームランで追い上げたものの最後は逃げ切られ、

巨人は3連勝する事ができなかった。

これで巨人は再び交流戦負けた先行した。

交流戦になってかららしくないミスで試合を落とす試合が

北海道戦でも目立ったけれど、

この試合も肝心な場面で痛恨のエラーが傷口を広げる展開で

大きく先行された。

いくら投手力が良くても守備で足を引っ張ってしまったら

抑えられなくなるだけに四球とエラーだけは極力減らして

戦わなければならない。

打線は終盤追い上げたけれど、さすがに5点をリードされてしまうと

簡単には追いつけない。

ただ次の試合の事を考えれば次へ繋がる試合だったし、

2連戦2連敗は絶対避ける戦いも必要なので、連敗は避けたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。