22日クリネックススタジアム宮城で東北楽天対巨人戦が行われ、

2対12で巨人が5番李の2打席連続ホームランで

東北楽天を圧倒し交流戦の連敗を止めた。

試合は東北楽天先発永井投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

初回に1番坂本選手の先頭打者ホームランで先制すると、

5番李の3ランで4点を先制する。

2回に東北楽天は1点を返すが、

3回に5番李の2打席連続ホームランで追加点を上げると、

5回には9番木村選手の犠牲フライ、3番小笠原選手、

4番ラミレスのタイムリーで一気に試合を決めた。

投げては先発ゴンザレスが8回を2失点に抑え負けなしの4勝目を飾った。

これで巨人は交流戦の連敗を止めて勢いに乗りたいところだ。

ほぼ初回に試合が決まった試合だったけれど、

今1番安定しているゴンザレスが投げる試合では

3点以上取ればほぼ試合を取れるムードがある。

それだけ4試合連続での好投があるし、

先発に不安があった巨人としてはゴンザレスの好投は

嬉しい誤算でありこれで先発の柱が1枚増えた事になる。

これだけの好投をすれば1度打たれたとしても

外国人枠の入れ替えの対象にはならないだろうし、

先発の軸が不足している今では外せない。

それゆえか危機感を感じた李の活躍は目に見張るものがある。

少しでも調子を落とせばアルフォンゾが控えているだけに

3年前の輝きをこれで取り戻せばクリーンナップは

完全に小笠原、ラミレス、李で固まる。

巨人としてはゴンザレスの好投がもたらした

李の活躍で東北楽天を圧倒した。

次は岩隈投手あたりが投げてくると

今日のようには行かないので

エースが投げてきた時の攻略を確りしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。