17日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

1対2で巨人が抑えの永川投手の暴投の間に勝ち越し、

最後はクルーンが抑えて逃げ切り広島戦勝ち越しを決めて

交流戦最後のカードを終えた。

試合は広島先発小松投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

4回に巨人は7番脇谷選手のホームランで先制する。

先発東野投手は7回を無失点に抑え越智投手に繋ぐが、

8回に越智投手の暴投で同点を許すが、

9回に巨人は抑えの永川投手を攻めて、

1死3塁から永川投手の暴投で勝ち越しを奪うと、

最後は抑えのクルーンが3者三振に締めて巨人は

広島戦勝ち越しを決めて貯金を15で交流戦に挑む。

これで巨人は貯金を大幅に伸ばして交流戦で初の交流戦優勝を目指す。
2試合連続の接戦となった試合だけれど、

最後は両チーム仲良く暴投で1点ずつ献上して

最後は巨人がホームランのリードを守った感じで終わったけれど、

この3連戦は勝ち越したものの苦手意識が抜けない中で

戦った3連戦だった。

リーグ戦再開した時には1番苦戦が予想される相手だけに油断できない。

ただ投手陣はこの6連戦で5枚揃える事ができた事で

十分戦える体制は整った。

そして中継ぎ陣も抑えのクルーンが戻った事で山口投手、越智投手を

6回から使う事ができる。

クルーンが再び故障する事があれば山口、越智のリレーで

逃げ切れるのでリリーフ陣も万全そのものだ。

火曜日から交流戦になるけれど、

北海道のダルビッシュ、東北の岩隈、田中投手、

福岡の杉内、和田投手、埼玉の涌井投手とこれらの6投手と

対戦するだけに攻略するのは難しい。

しかし今の投手陣とバランスの良い打撃陣であれば

攻略できるだけの力はある。

過去4回の交流戦では全てパリーグの球団が制しているだけに

今年こそセリーグが交流戦を制したいところだ。

ただ交流戦では絶対負け越して終わらない事も大切だ。

交流戦での負け越しはリーグ戦に大きく響くだけに

貯金15を確保しつつ貯金を伸ばせて終われれば

今回の交流戦は成功として良いだろう。

WBCの侍たちとの対決に今から楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。