15日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

2対5で巨人が4番ラミレスの3ランで勝利し週間勝ち越しへ大きく前進した。

試合は広島先発青木投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

両チーム無得点で迎えた4回巨人は4番ラミレスの3ランで先制する。

5回には1番坂本選手のタイムリーで追加点を上げるが、

広島もその裏2番赤松選手の2点タイムリーで2点差に迫ったが、

6回に巨人は1点追加点を上げて引き離した。

投げては先発ゴンザレスが6回2失点で抑え、

2番手山口投手、3番手越智投手、最後は抑えのクルーンが抑え

巨人は苦手広島戦で勝利した。

これで巨人は交流戦前最後の3連戦で

5カード連続勝ち越しを掛けて戦う。

第5の外人枠と言われたゴンザレスが1軍に昇格してから

3試合連続好投と予想外の好投で苦しい先発陣の救世主となっている。

元々実績ある投手なのだが、

巨人では外国人枠の関係で開幕2軍スタートとなったが、

アルフォンゾに代わって1軍に昇格するや負けなしの3連勝と

先発に苦しんでいた巨人としては大きな戦力になろうとしている。

その刺激もありラミレス以外の外国人は必死になっている

相乗効果が生まれている。

少しでも不調なら2軍でアルフォンゾやバーンサイドが

待っているわけだから気が抜けない。

これで5カード連続勝ち越しに大手を掛けて

週間勝ち越しを決めて交流戦に挑みたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。