6日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

3×対2で巨人が坂本選手のサヨナラホームランで勝利し連敗を2で止めた。

試合は巨人先発尚成投手、横浜先発マストニーの投げ合いで始まり、

初回に巨人は2番松本選手のタイムリー3ベースで1点を先制すると、

3番小笠原選手の内野ゴロの間に1点を追加し2点をリードする。

しかし横浜も4回に3番内川選手のホームランで1点差に迫ると、

5回に7番金城選手のホームランで試合を振り出しに戻し

両者譲らないまま9回裏巨人は1番坂本選手が

レフトへサヨナラホームランを放ち試合に終止符を打った。

これで巨人は連敗を2で止めて横浜戦勝ち越しを目指す。

好調の坂本選手を1番で起用する新布陣で挑んだけれど、

最近の打線は1,2番、5,6,7,8番は毎試合変わると

落ち着かないだけに1,2番は固定していきたいところだ。

このところ点数が取れていないこともあるだろうが、

ある程度先発が踏ん張らないと厳しい試合が続く。

そんな苦しい中で先発尚成投手が7回2失点で乗り切り、

2番手山口投手が追加点を許さなかったのが

この試合最後の劇的ホームランに結びついた。

9連戦を6勝3敗で乗り切る事を目指している事を

踏まえたらこの試合は絶対落とせなかった。

苦しい戦いが続くけれどホームなので

3カード連続勝ち越しを目指して今週を戦い抜いてほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。