4日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、

6対0で阪神が5回の集中打で勝利し、対巨人戦の連敗を11で止めた。

試合は阪神先発下柳投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

3回に阪神が3番鳥谷選手の内野ゴロの間に先制すると、

4番金本選手のタイムリー2ベースで2点をリードする。

5回には4番金本選手、5番新井選手、6番桜井選手のタイムリーで

一挙3点を上げて内海投手はKOされた。

6回にも追加点を上げた阪神は先発下柳投手が6回無失点に抑え、

3人の継投リレーで逃げ切り巨人は対阪神戦11連勝でストップした。

これで巨人は今回の阪神戦を2勝1敗で終えた。

まあ連勝はいつか止まるものなので

この試合では無駄な投手を使わずに済んだと思えばいいと思う。

今まで勝ち負け関係なく投手を投入していた事を思えば

最近登板機会の無い投手や1軍当落線上の投手を投入する事で

豊田、山口、越智投手を使わずに済んだ。

打線は何度かチャンスを作ったものの、

チャンスでヒットが出なかった事が阪神に流れが傾いた要因だった。

それでも既に阪神戦を勝ち越して東京に戻れるので

9連戦での2勝1敗ペースで乗り切っていく事がこれから大切だ。

ホームで確り勝ち越していきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。