3日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、

0対4で巨人が坂本選手の2本のタイムリーと

初先発ゴンザレスの好投で完封リレーで対阪神戦11連勝に伸ばした。

試合は阪神先発ジェン、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

2回に巨人は8番坂本選手のタイムリーで先制すると、

5回に3番小笠原選手の2点タイムリーで3点をリードする。

先発ゴンザレスは7回を無失点に抑え、

2番手豊田選手が捕まるものの、失点を許さず、

3番手山口投手、4番手越智投手が抑え巨人は

対阪神戦11連勝に伸ばした。

これで巨人は9連戦最初のカードを勝ち越し、

9連戦勝ち越しへ大きく前進した。

2試合連続坂本選手の活躍で勝利した。

坂本選手は絶好調だけれど、

打順は8番で起用と普通なら最低でも6番あたりで起用すると思われるが、

今の巨人は絶対的3,4番の小笠原、ラミレスがおり、

5、6番も李、亀井、谷選手らで

交互に入れ替えながら戦っているので、

7番阿部捕手が固定なら当然使える打順は8番しかなくなるが、

逆に8番にこれだけ好調な選手がいると

クリーンナップからチャンスを演出する事も可能なので

当分はこの打順で打たせてよいだろうし、

逆にプレッシャーなく打てるのである程度打率が

定着してからでも打順を上げる方が良いと思う。

投手陣はクルーンが戻るまで

豊田、山口、越智投手で回しているものの、

安定感があるのでまず大丈夫だ。

先発もこの試合昇格したゴンザレスが

見事な好投で先発の谷間を埋めてくれた。

クルーンが近く復帰するので

アルフォンゾを降格させての昇格となったが、

オビスポを残している事を踏まえると

野手を減らして投手を増やす事で

9連戦を乗り切ろうと考えているだろう。

まあそれほど野手を使い切るほどの試合ばかりじゃないので

野手を入れ替えずに戦っても良いぐらい。

外国人の入れ替えなどで先発を確保しつつ

先発の谷間を乗り切っていけば交流戦までは余裕で戦えるだろう。

まず最初のカードを勝ち越せた

この調子で3カード連続勝ち越して貯金を増やしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。