20日スタートのドラマ「婚カツ!」を視聴した。

このドラマは近年定着しつつある婚活をする

男性と女性の結婚相手探しをするストーリーで

失業した男性が就活をするために応募した

臨時職員の条件が既婚者だった事から結婚を考え始めるところから

始まり婚活を始めるストーリーである。

人事ではない訳なのだが、

結婚は予想以上に前途多難な活動に感じていく事だろう。
私自身も現在独身なので婚活をしなければならないものなのだが、

実際にはこれが予想以上に縁がなかったりするものだ。

私も就職氷河期に入った頃に就職をして

その後失職し世の中の路頭に迷ったゆえに

20代でそのような経験をしてしまうと

なかなか結婚する機会を失ってしまうものだ。

失った10年とも言われる中で私もその機会を失ったのかもしれないが、

正社員として働いていないと結婚へ踏み出せないものだ。

個人的には仕事と切り離しているんだけれど、

今の婚活事情を観ながら結婚について考えていきたいと思う。

キャスト

雨宮邦之演じる中居正広

飛田春乃演じる上戸彩

深澤茂演じる佐藤隆太

村瀬優子演じる釈由美子

二瓶匠演じる谷原章介

雨宮邦康演じる上田竜也

伊藤勝演じる北村有起哉

雨宮邦夫演じる小日向 文世

高倉真琴演じるりょう

溝口静子演じる風吹 ジュン

桜田周五郎演じる橋爪 功

ストーリー

雨宮邦之は“就職氷河期”の真っ只中に3流大学を卒業し、

とある企業で働いていたがこの不況の折り、職を失う。

家からは今日もとんかつの匂いがただよっている。

彼が最も苦手な油と肉が融合した香りだ。

このまま仕事がなかったら、

このとんかつ屋『とんくに』を継ぐしか

生きる道はなくなってしまうのか!?

邦之は、それだけは避けたかった。

しかし、この未曾有の大不況のなか、

そう簡単に仕事はみつかりそうにない。

一方、邦之の住む町、春見区は雇用促進と

少子化対策に頭を悩ませていた。

区長の溝口静子は、

とりあえず形だけでもとばかりに若干名の臨時職員採用と、

名ばかりの少子化対策チームの発足を決める。

臨時職員募集の話しを耳にした邦之はすぐに飛びつく。

能力によってはそのまま正規採用の可能性もあるという。

意気込んで、試験に臨んだ邦之は、

面接の時になって“既婚者であること”

という採用条件があることを知る。

邦之は、仕事を獲得したい一心で、結婚の予定がある、

と嘘をついてしまった。

無事就職は決定するものの、これが全ての始まりで…。

邦之の少子化対策課への初出勤の日がきた。

面接試験で出会った初老の男性、

桜田周五郎や幼なじみの区役所職員、

二瓶匠の姿がありホッとする邦之。

だが、伊藤勝と名乗るエリート風の男との出会いには緊張感が走る。

“採用されてしまえばこっちのもの”と思っていたが、

いつの間にか“邦之結婚!”の噂が町に流れ、

父親の雨宮邦夫も大喜び。

『とんくに』でバイトをする邦之の幼なじみで

妹の様な存在の飛田春乃も衝撃を隠せない。

弟分の深澤茂を中心に、地域をあげての大騒ぎとなってしまった。

と同時に、邦之の影響で就職活動に行き詰まりを感じていた春乃や、

「押しの一手」と言いつつも、

奥手で恋人のできない茂までも婚活に興味を持ち始める。

人生最初の婚活パーティーに茂を引き連れ参加した邦之は、

気合いの入った女性参加者、村瀬優子や幼なじみの高倉真琴と出会う。

いよいよ前途多難な邦之の婚活がスタート!!

以上フジテレビ婚カツ!HPより


今回は失業して就職するために結婚予定があると

嘘をついたところから始まった。

色々な事情で職を失った人も少なくないけれど、

こういう経験をした人にとっては

そうなった当時を思い出すと本当に苦しい現実なのだ。

私も失ってから5年以上は悪夢の時だと思ったぐらいだし、

そんな感じだから結婚はとても現実に考えられなかったものだ。

今ではそれなりに仕事はしているけれど、

その分結婚は現実から遠ざかった。

しかし再就職の条件が既婚者というのも

今のご時世では相当厳しい条件だったりする。

家族を養うためというのだろうが、

それを嘘をついてしまうと後が大変なんだけれどね。

そんな理由で始まった婚活だけれど、

職を再び失えば実家を継がなければならない中での婚活は

条件が条件だけに前途多難だ。

正直実家を継げる先があるだけ私は恵まれていると思うけれど、

結婚条件の中には家柄もあるんですよね。

私の立場ではなかなか婚活をしても家柄が

障害になったりするもので、

人って家の肩書きを見てしまうと

及び腰になってしまうものなのだという事を実感したりする。

それは私自身その立場にいる以上

そう見られてしまうのは仕方ない事と割り切るが、

そういう障害を持っていると実際に婚活をしても

なかなかの器量がない限り難しいだろうし、

縁があったとしても結婚へは結びつかないものだ。

その中で色々な人と出会うのだが、

婚活をしている人の年齢層は幅が広く、

それぞれ本当に結婚したいと思っているものの、

実は高望みをしていたりするものだ。

そんな人たちが婚活を通じて相手を探す事ができるのだろうか・・・

という事で次回は出会った人たちと

身近な人たちが婚活にどのように関わってくるのかその関係に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)
著者:山田 昌弘
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2008-02-29
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



婚活の傾向と対策婚活の傾向と対策
著者:植木 理恵
販売元:グラフ社
発売日:2009-02-27
クチコミを見る



婚カツ!婚カツ!
著者:瀬戸口 みづき
販売元:講談社
発売日:2009-04
おすすめ度:1.0
クチコミを見る