9日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、

2対9で巨人が小刻みに得点を重ね終盤の猛攻で圧勝し

3連勝で貯金生活に戻した。

試合は横浜先発ウォーランド、

巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで先制するが、

2回に横浜が4番吉村選手のホームランで同点に追いつく。

しかし3回に巨人は3番小笠原選手のタイムリー2ベースで勝ち越すと、

5回に7番坂本選手のタイムリーで追加点を上げて、

7回に巨人は一挙4点を上げて試合を決めた。

8回にも2点を追加した巨人は投げては

先発グライシンガーが6回を1失点に抑え、

2番手豊田投手、3番手山口投手、4番手越智投手のリレーで

逃げ切った。

これで巨人は横浜戦3タテで貯金生活に戻し阪神戦へ挑む。
この横浜戦は横浜銀行シリーズを予感させる試合展開だったけれど、

あまり浮かれてしまうと阪神戦で痛い目に合うだけに、

長打に頼らず繋ぎの打線で得点を重ねていったのが大きかった。

序盤こそ残塁が多かったけれど、

それでも確り追加点を重ねる事で残塁の嫌なムードを

無くす事ができたので流れとしては良かった。

投手陣はこれだけ大量得点を取ったあとは抑えを温存し、

先発グライシンガーが今季も中4,5日で回す起用で

6,7回を100球前後で抑えてくれそうだ。

横浜はこれで開幕6連敗となり打線が売りのチームが

完全に封じられている。

村田選手の故障が痛いところだが、

それ以上に投手陣の弱さが目立ち過ぎる。

今季もこの調子だと100敗以上はしそうな感じがしてしまう。

負け過ぎもリーグを面白くなくなってしまうだけに

もう少し何とかしてほしいものだ。

次は阪神戦という事で真弓監督の采配に注目しながら

勝機を見出したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。